Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
エル・リセウとして知られるバルセロナのリセウ大劇場外観。

スペイン各地でオペラを鑑賞しましょう

none

スペインでは、オペラは17世紀から存在しています。歴史的には演劇の伝統の方が根強いといえますが、オペラも定着しています。ここでは、演劇とオペラが合体してサルスエラを生み出しました。サルスエラとは独自のジャンルのことで、素晴らしい劇場の数々を満席にしてきたものですから必見です。

  • アンダルシア州セビージャのマエストランサ劇場のファサード

    ラ・マエストランサ劇場、セビージャ

    150作を超えるオペラが セビージャからインスピレーションを得ています。しかし実は1991年まで、この街にはオペラ公演ができる音楽ホールがありませんでした。その年、約50メートルのドームを持ち、1800人の観客を収容できる、ラ・マエストランサ劇場がオープンしました。さらに、この舞台には調節可能な音響装置が備え付けられているため、ハイレベルなショーを多岐にわたり楽しむことができます。信じられない体験になるでしょう。

  • カタルーニャ州バルセロナにあるリセウ大劇場の内部

    リセウ大劇場、バルセロナ

    ランブラス通りの中心にあるこの劇場は、1847年に完成し バルセロナ市のシンボルのひとつとなっています。現在も使用されている劇場としては市内最古のものであり、オペラを楽しむのにぴったりの場所です。またこの劇場は、170年の歴史を誇るスペイン初の交響楽団の本拠地でもあり、世界最高の指揮者がタクトを振ってきました。

  • 王立劇場、マドリード

    6万5000平方メートルの広さと1746人もの収容人数を誇る王立劇場は、国内最高峰の国立歌劇場で、スペイン文化の重要な役割を担う空間のひとつといえます。1850年に 王宮の正面にオープンした建物の中にあり、前衛的な作品から歴代の名作まで幅広く楽しむことができる場所となっています。

スペインでは、何百年もの歴史を誇る劇場や舞台で、多くのオペラやサルスエラを鑑賞することができます。

に関する詳細をごらんください