Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
カタルーニャ州バルセロナのポブレノウ墓地にある葬儀用の彫刻

スペインのユニークな墓地:死後の世界のアート

none

スペインには、20カ所以上の歴史的でユニークな墓地があり、欧州墓地ルートに含まれています。欧州評議会により指定されたこの観光ルートでは、多くの著名人の墓に加えて、好奇心をそそる驚くほど美しい彫刻や葬儀用遺跡を見ることができます。冒険好きな方におすすめの一風変わった芸術の旅です。ここでは、ルートに含まれている墓地を紹介します。

  • ガリシア州ルーゴ市のサン・フロイラン市営墓地の眺め

    海を見下ろすケルトのシンボル、ガリシア

    スペイン北部のこの地域には、ユニークな墓地が2ヵ所あります。1つ目は、大西洋に面したア・コルーニャサン・アマーロです。1813年に設立され、宗教、市民、英国(ガリシアで死亡した英国人を埋葬するために、1867年にガリシアの英国領事が取得)の3つのエリアに分かれています。そのルートには、ケルトの表象や新古典主義の美しい芸術品、2つの遺跡群、200人以上の著名人の墓などがあります。また、この墓地にはパブロ・ピカソの妹が眠っています。2つ目は、サンティアゴ巡礼の道のルートに非常に近い、ルーゴサン・フロイランの墓地です。様々な様式の墓、殿堂、彫像の中に、1898年のキューバ戦争で帰還した兵士を記念して建てられた記念碑があります。

  • アストゥリアス州アビレスにあるラ・カリオナの市営墓地の眺め

    アストゥリアスの移民たちの財産

    アビレスの街には、1890年に設立されたラ・カリオナの市営墓地があります。野外博物館のようなもので、案内所もあり、芸術的価値を学ぶためのガイドツアーも利用できます。インディアーノ(アメリカから帰国した移民)の繁栄と幸運は、シンボルや寓話、中世の影響に満ちた、彼らの墓や彫刻作品の豊かさに反映されています。 

  • カンタブリア州サンタンデールにあるシリエゴ墓地の全景

    カンタブリアの伝説のカルメン・アマヤの墓

    サンタンデールシリエゴ墓地の建設には、この地域で最も優れた建築家や彫刻家が多く参加しました。同じく海に面したこの美しい墓地は、1893年に開設され、19世紀末の葬儀芸術の傾向をよく表しています。重要な彫刻や葬儀用の作品、あるいはそこに埋葬されている著名人を知ることができる様々なルートがあります。例えば、有名な芸術家であるカルメン・アマヤの遺骨は、彼女の夫の家族が所有するアグエロ殿堂に安置されています。 

  • バスク地方ビスカヤのビルバオにあるビスタ・アレグレ墓地ギャラリー

    バスク地方の歴史ある殿堂

    デリオとサムディオの間に位置するビルバオ市営墓地の堂々とした入り口をみれば、内部の様子を想像することができます。モダニズムやネオゴシック様式の90もの殿堂や礼拝堂、目を見張るような彫刻や建築物を備えた、スペインの主要な葬儀芸術のひとつです。ドノスティア=サン・セバスティアンでは、歴史的な墓地であるポリョーエ墓地も訪れてみてください。1878年に設立された、市内にある3つの墓地のうちの主要な墓地です。19世紀特有の階層的ブルジョワ概念が構造に反映され、富裕層や名家の墓が入り口付近に配置されていました。様々な芸術家が手掛けた古典的な様式の大型殿堂に加えて、画家のイグナシオ・スロアガや政治家のクララ・カンポアモールなど、著名人の墓も見ることができます。 

  • マドリード州マドリード市のヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アルムデナ墓地の航空写真

    マドリッドのアルムデナ墓地

    1884年に作られたマドリードラ・アルムデナ墓地は、120ヘクタールの敷地に約500万の墓があるヨーロッパ最大級の墓地です。ヘブライ人の墓地を含む、いくつかの敷地があります。数多くの殿堂、礼拝堂、葬祭用遺跡では、ネオゴシック、ネオクラシック、ネオロマネスクなど、様々な様式の芸術品を見ることができます。ここには、ローラ・フローレス、ベニート・ペレス・ガルドス、サンティアゴ・ラモン・イ・カハールなど、スペインの政治家や文化・社会の著名人が多く埋葬されています。さらに、墓地のツアーや訪問を企画している観光会社もいくつかあります。 

  • カタルーニャ州バルセロナのモンジュイック墓地にある葬儀用品

    カタルーニャ地方のモダニズム墓地

    カタルーニャは、このユニークな欧州墓地ルートに含まれる墓地の数が最も多い地域です。全部で10カ所ありますが、その中でもモダニズム様式が際立っています。その多くでは、文化的遺産を紹介するガイドツアーが行われています。そのうち2つはバルセロナ市内にあります。ポブレ・ノウモンジュイックの墓地です。前者には、芸術性の高い霊廟や彫刻がたくさんありますが、最も訪問者の多い墓の一つは、「サンテ・デル・ポブレノウ」と呼ばれる1899年に亡くなった若者の壁龕で、伝説によると訪問者の願いを叶えてくれるそうです。そして後者には、壮大な霊廟やヨーロッパ最大の柩のコレクション、ジョアン・ミロやイサーク・アルベニスなどの有名な芸術家の墓があります。また、バルセロナから車で1時間足らずのところには、サン・セバスティアン・デ・シッチェスアレニス・デ・マールビラフランカ・デル・ペネデスイグアラダテラッサカプチノス・デ・マタロなど、ユニークなモダニズム様式の墓地があります。ジローナ県には、モダニズム様式のリョレット・デ・マールの墓地があり、タラゴナ県には、入り口にクロノス神の像がある、1870年に開設された国内初の非宗教墓地がレウスにあります。    

  • バレンシア州バレンシアの総合墓地にあるリョベラ家の殿堂の眺め

    バレンシア州の「死者の街」を歩く

    バレンシア総合墓地にある数多くの殿堂や霊廟の様々な様式の中で、特に目を引くものがあります。それは、この墓地で唯一のネオエジプト建築である「リョベラ家のピラミッド」です。また、1880年に建てられた170本のドーリス式円柱で形成された柱廊のある中庭や、柱のある中庭もあります。4つの旅程からなる「沈黙の博物館」プロジェクトは、この墓地の歴史と葬儀の遺産について学ぶために建てられました。また、アルコイにあるサン・アントニオ・アバドの墓地も一見の価値があります。その地下ギャラリーはスペインでも珍しいもので、市民の墓地に加えて、軍人用と宗教者用の区分があります。「眠れる町、アルコイ」のルートでは、その芸術的な豊かさと珍しさを発見することができます。

  • アンダルシア州グラナダ市のサン・ホセ墓地にある彫刻の細部

    驚きにあふれるアンダルシアの墓地

    アンダルシアには想像を超える墓地が4カ所あります。コルドバには、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・サルーの墓地があり、1811年に同名の庵の隣に建てられましたが、その1年後には、現在の新古典主義の美しいファサードとなる囲いの中に組み込まれました。マノレテなどの有名闘牛士が眠っている場所でもあります。約65キロメートル先には、スペインで唯一、文化遺産に指定されている内部に遺跡ゾーンを持つモントゥルケの墓地があります。これは、1000年以上も地下に隠されていたローマ時代の貯水槽で、現在は見学が可能です。グラナダサン・ホセ市営墓地は、アルハンブラ宮殿の記念碑の一部であり、ナスル朝宮殿の入り口のすぐ近くにあります。優れたロマネスク建築や葬儀用の彫刻があり、サン・クリストバルの中庭には、13~14世紀に建てられたアリクサレスのアラブ宮殿の遺跡が残っています。昼間のガイドツアーのほか、夏と万聖節の前夜には、ドラマ仕立ての夜間見学も行われています。マラガには英国人墓地や、スペイン最古のプロテスタント墓地であるサン・ホルヘの墓地があります。1831年に建設されたこの施設では、エキゾチックな植物が生い茂る庭園に加えて、クラシック、ネオゴシック、モダニズムの影響を受けた葬儀用のモニュメントや墓を見ることができます。

に関する詳細をごらんください