Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
バルセロナのシアターバスの外観

バルセロナの動く劇場

Barcelona

演劇化されたウォーキング&バスツアー

幕が開くと、そこはベルベットのカーテン、カーペットの床、赤い布張りのシートで飾られた観光バスの車内です。それではシアターバスに乗り込みましょう。限られた時間の中で、バルセロナと地元の文化に初めて触れることができる刺激的な方法です。しかし、これまでとは違った形で演劇を体験できる機会はそれだけではありません。美術館や都市の象徴的な地区を巡る演劇化されたルートがあります。つまり、移動しながら演劇を生で楽しむことができます。

ドン・キホーテからガウディまで

スペイン文学の中でも最も普遍的な作品である「ドン・キホーテ」の皮肉な詩から、モダニズム建築とバルセロナの街の真の象徴とされるアントニ・ガウディの伝記まで、様々な作品を見て回ります。スペイン文化の基本的な作品や人物を旅するような、独創的な演劇形式の提案もあります。また、カタルーニャ出身の画家サルバドール・ダリとサッカー選手レオ・メッシが共演していても不思議ではないほど、脚本がオープンな演劇もあります。  

バスシアターでの「ドン・キホーテ」公演

車輪のついた劇場

バスシアターという選択肢は、単なる観客の役になるのではなく、文字通り舞台の中に入ることを意味します。本物の旅する劇場に改造されたバスに乗って、約1時間のパフォーマンスを楽しむというものです。行程では、上演された演劇の内容に直接関連する名所に立ち寄ります。スペインの都市で普及しつつあるバスシアターは、移動時間を有効に使うための手段でもあります。そのため、到着した空港や港や列車またはバスの駅から宿泊施設までの移動中に行われる都市への歓迎公演や、訪問先の美術館への紹介公演などが行われています。

バルセロナのバスシアターの内部

演劇化されたルート

演劇化されたルートには、多くの選択肢があります。そのため、ゴシック地区、ボルン地区、ランブラス通り、ラバル地区など、バルセロナの象徴的なエリアを中世風に、あるいは強い感情を好む方にはホラーをテーマに訪れることもできます。また、カサ・アマトリェールのような邸宅博物館を訪れて、家族の歴史やモダニズム、建築家ジュゼップ・プッチ・イ・カダファルクについて学ぶこともできます。演劇化されたカサ・バトリョの訪問では、ガウディ自身のキャラクターが、すべての観客に適した言葉で、モダニズムを楽しく説明してくれます。そして、スペインの作家、詩人、劇作家であるフェデリコ・ガルシア・ロルカが残したこのような言葉があります。「演劇とは、人間になるために本から出てくる詩である。」それでは、開幕です!

演劇化されたバトリョ邸見学
に関する詳細をごらんください