Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
フォルメンテラ、サン・アグスティンの入り江

フォルメンテラで楽しむさまざまなプラン

Formentera

一年中いつでもお勧めの島


フォルメンテラは、世界で最も美しく牧歌的な場所のひとつです。バレアレス諸島で最も人口が少なく、海路でしかアクセスできないこの魅力的な地中海の島は、旅行者が永遠に立ち去りたくないと思ってしまう、そんな場所です。おそらく、ターコイズブルーの入り江、何もかもが近距離にあるために息づく静けさ、映画のワンシーンのような灯台、工芸品の市場、ラグーン、暖かい色に染まる日没のせいでしょう。夏にぴったりの目的地のように思えるかもしれませんが、実を言うとフォルメンテラは一年中いつでもお勧めの場所なのです。その理由を、ここでお教えしましょう。 

文学と映画に登場する灯台

島で最も特別な灯台をふたつご紹介します。ぜひご訪問ください。まずは最東部に立つラ・モラの灯台です。ジュール・ヴェルヌはフォルメンテラとこの灯台に触発されて「彗星飛行」を執筆したということです。事実、灯台の隣に作家に敬意を表して建てられたモノリスが目に入るはずです。二番目は南西にあるカップ・デ・バルバリアの灯台で、ここも一見の価値があります。狭い道路の終わりに立つ灯台の、崖に逆らうようにその輪郭を浮かび上がらせるイメージは、目を瞠るほど詩的な美しさです。映画「ルシアとSEX」に登場したことで有名になり、ここから望む夕日は世界でも有数の眺めです。

ラ・モラの灯台

歩きましょうか?

徒歩または自転車で島の小道を探索できる30以上の緑のルート があります。エスタニ・プデントのラグーンといった、のどかな場所を散歩しましょう。バードウォッチングをしたり、特定の時間になるとピンクや紫に色にづく風景にうっとりしたりするのにぴったりの場所です。象徴的な古い風車やイチジクの木々の風景の隣でセルフィーを撮ったり、セス・イジェタスの果てしないビーチでさまよいながらたった一人の時間を満喫したりできるでしょう。

フォルメンテラの緑の道でハイキングするカップル

フォルメンテラワイン、最も典型的な料理をテイスティング

この島に80ヘクタールにも及ぶブドウ畑があることをご存知ですか?さあ、テラモール・イ・エス・カップ・デ・バルバリアのワイナリーを訪問し、そこで企画される見学ツアーについて尋ねましょう。ブドウ畑の散歩、テイスティング、バレアレス産のアペリティフなどが含まれているかもしれません。.ランチタイムに島の特産品を味わいたければ、田舎風サラダに入ったペイシュ・セック(干し魚)またはフリット・デ・ポルプ(タコのフライ)をお試しください。また、5月から10月の間 「グルメ・ウィークエンド」が催され、島で最高レベルのレストランでイベントに合わせて創作されたメニューをお試しいただけます。この期間中にご旅行の方はお忘れなく。

タコのフライ

思い出に夕日を眺めましょう

夕日を眺めるのに最も有名な場所のひとつに、1960年代にミジョルンビーチにオープンしたブルー・バーがあります。チルアウトレゲエジャズ、エレクトロニックミュージックといった心地よい音楽を聴きながら日没を満喫できることで評判になりました。もうひとつ、 カヤックから夕日を眺めるという一風変わった選択肢もあります。島のセーリングセンターのひとつに連絡し、ラ・サビーナからカラ・サオナに向けて出発するカヤック遠足に申し込むだけですから、難しく考える必要はありません。

フォルメンテラの日没

屋外マーケット

5月から10月までの期間中、フォルメンテラで開催される職人とアーティストの屋外マーケットをのぞいてみるのも面白いかもしれません。最もよく知られているのは、ラ・モラのクラフトマーケット(水曜日と日曜日)とサン・フェランのクラフトマーケット(水曜日と日曜日を除く毎日営業)です。ここで売られているのは、島の工房でデザイン・製作されたものだけです。ライブ音楽と近隣の店のテラスの活気あふれる雰囲気のおかげで、こういったマーケットではあっという間に時間が過ぎてしまいます。ぜひ、島に住むアーティストが作ったジュエリーをつけ、典型的なエスパドリーユを履き、バスケットを手にお出かけください。また、他にもサン・フランセスクのヒッピーマーケット、その中古品バージョンであるエス・プジョルス、ラ・サヴィーナのヒッピーマーケットといったオプションを選ぶこともできます。

夜のサン・フェランのクラフトマーケット

音楽のリズムに合わせて

60年代から70年代にかけて、ボブ・ディラン、ピンク・フロイド、ボブ・マーリーといったミュージシャンたちがフォルメンテラを満喫したことを語るエピソードは山ほどあります。この精神を引き継いで フォルメンテラ・ジャズフェスティバルが誕生しました。通常5月から6月の間に開催され、パーカッションやボーカルなどのワークショップが企画されます。9月には、ギター・フェスティバルがサン・フェランにやって来ます。二夜連続で行われるライブ音楽に加えて、パフォーマンスの最後にミュージシャンたちが参加するジャムセッションもお楽しみいただけます。このフェスティバルの創始者であるエッケハルト・ホフマンは、自分自身のギターを作りたいというミュージシャンを何十年にもわたって世界中から受け入れ、その製作方法を教えています。さらに「クレイジーな」体験をしたいという方は、フォルメンテラの夏が屋外音楽を楽しめるフェスティバル、フラワー・パワー が有名です。

サン・フランセスクのフラワー・パワーフェスティバル
に関する詳細をごらんください