Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
グラシア通りのカサ・リェオ・モレラ、バルセロナ

ショッピング: バルセロナで「買い物をする」8つのエリア

Barcelona

次のモニュメントや美術館・博物館への道のりの途中でウインドウショップをしようが、それとも逆にショッピングのために旅行のうち1日全体を充てようが関係ありません。どんな場合であれ、バルセロナ(カタルーニャ)はあなたをお待ちしています。スペイン東部にあるバルセロナは、その伝統的な部分にお誘いする老舗のお店から、味わいがお土産となる食品店を通過して、アバンギャルドなデザインの商品まで、幅広いオプションを提供します。この街のさまざまな地区で5キロメートルにわたって、バルセロナ・ショッピング・ラインとして知られるヨーロッパで最も大きな屋外ショッピングエリアにおいてこれら全てが広がっており、その建築や文化環境によりバルセロナでのお買い物はまたとない体験になります。 バルセロナにおけるショッピングは、この街の雰囲気や、コスモポリタンさと地元らしさや、伝統とその破壊とのコントラストを持つアイデンティティ、そして建築や文化、さらにグルメに浸かりながら楽しむことができます。地図を手に取って以下の8つの地区をマークしましょう。あらゆるお好みや予算に応じて、バルセロナ訪問の観光体験の間に必ず買い物の時間を取るようにしましょう。

グラシア通り、バルセロナの「ゴールデンマイル」

場所グラシア通りは、バルセロナを最も象徴する大通りの一つであり、カタルーニャ広場とマヨール・ダ・グラシア通りの間に延び、バルセロナのアシャンプラ地区を通り抜けます。買うものここには、ファッションのお店や、バルセロナでも最高級のアクセサリーが集中しています: スペイン国内外の企業により、オートクチュールや限定の既製服の愛好家を魅了します。お見逃しなく… この象徴的な通りを歩く場合には注意しましょう。というのも、豪華なショーウインドウの間に、カサ・バトリョー、ラ・ペドレラ、カサ・アマトリェールやカサ・リェオ・モレラといった、ガウディや彼の同時代人による、この街のモダニズム建築の最高例が建っているからです。アクセス方法地下鉄駅:Catalunya駅(L1/L3)、Passeig de Gràcia駅(L2/L3/L4)およびDiagonal駅(L3/L5)。バス路線:7、22、24、V15。

グラシア通りの店

ディアゴナル大通り: ショッピングセンター

場所ディアゴナル大通りはバルセロナでも最も大きな通りの1つで、FCバルセロナのスタジアムとサグラダ・ファミリアを結んでいます。買うものグラシア通りに最も近い部分では、国際企業や豪華なファッションの店が続いています。フランセスク・マシア広場を過ぎたところに、さまざまな店が入居した、バルセロナ市内でも最も人気が高いショッピングセンターがいくつか存在しており、これによりあらゆる種類のお土産を同じ建物内で手にすることができるのです。お見逃しなく… ディアゴナル大通りはバルセロナでも最も現代的な部分を通過し、ついでに立ち寄ることで、カサ・コマラットやペドラルベス宮殿といった卓越した建物のいくつかを見ることができます。アクセス方法地下鉄駅:El Maresme | Fòrum駅(L4)、Glòries駅(L1)、Monumental駅(L2)、Verdaguer駅(L4)、Diagonal駅(L3/L5)、Maria Cristina駅(L3)、Palau Reial駅(L3)およびZona Universitària駅(L3/L9)。バス路線:6、7、22、24、33、34、63、67、75、78、113、136、B20、B23、V9、V15、V17、V25、V31、H6、H8。

店内

カタルーニャ広場: 万人向けのファッション

場所バルセロナ中心部にあるカタルーニャ広場の周辺は、バルセロナでのショッピングにおけるもう一つのキーポイントです。この広場に沿ったプルタル・ダ・ランジェルとペライ通りも、ショッピング向けのオプションで際立つ存在です。買うものこの広場自体には、デパートがいくつか、そして家電製品店があります。カタルーニャ広場とバルセロナの最も古い地区をつなぐ歩行者天国の大通りプルタル・ダンジェルを通るのを忘れないようにしましょう。ここでは特に、ファッションの大規模ブランド店を見つけることができ、あらゆる予算向けに最新のトレンドをお買い求めいただけます。靴屋や宝石店もたくさんあり、その中には今でもいくつか伝統的な店が「隠れて」います。実際、トゥロン(アーモンドや蜂蜜などでできたお菓子)や手作りアイスクリームを買いたければ、こここそがその場所です。近くにあるペライ通り(こちらからもカタルーニャ広場に出られます)も、ブティックでいっぱいです。お見逃しなく… カタルーニャ広場に立ち止まり、絶えない人の往来の活気をぜひご覧ください。さらに、この街で最も素敵な風格のある建物のいくつかを通りで見つけることができるので、プルタル・ダ・ランジェルを通り際にはしっかり目を見張るようにしましょう。また、この通りにはコテットによる有名な巨大温度計と、バルセロナで最も古い噴水があります。アクセス方法地下鉄駅:Catalunya駅(L1)およびPlaça Catalunya駅(L3/L6/L7)。バス路線:47、52、55、59、67、H16、V13、V15、V17、D50。

カタルーニャ広場の全景

ラ・ランブラ: お土産品と市場ラ・ボケリーア

場所ラ・ランブラはバルセロナで最も有名な通りで、カタルーニャ広場と昔の港を結んでいます。買うものここはバルセロナの中でも最も観光地であるため、お土産品を探すにはよい場所です。またここには、お土産としてお菓子を買えるお菓子屋さんもあります。さらに、この通りに91番地には、代表的な市場ラ・ボケリーアがあり、その雰囲気やモダニズム建築により必見の観光スポットであるだけではなく、バルセロナならではの商品を買うのによい場所です。カタルーニャのナッツや、地中海の「液体の金」オリーブオイルのボトルはいかがですか?お見逃しなく… モダニズムの金属要素で飾られた市場の入り口、通りを通じて散らばっている新聞や雑誌、そして花のキオスク、ビレイナ宮殿とリセウ劇場、人間の像、そして港にあるコロンブス像。アクセス方法地下鉄駅:Catalunya駅(L1)、Liceu駅(L3)またはDrassanes駅(L3)。バス路線:V13と59。

ラ・ボケリーア市場のお店

ラバル地区: オルタナティブと年代物

場所ラ・ランブラの南には、ここ数十年で大変身して活気を持つようになったラバル地区があります。買うものこの地区は、オルターナティブなショッピングを提供してくれます。タリェース通りでは、エスニックスタイルやゴシックスタイルの洋服店が見つかり、多くの場合手作りの服を売っていたり、音楽の店だったりします。すぐ近くにリエラ・バイシャ通りが広がり、年代物のファッションやデコレーションがお好きでしたら外せないスポットです。お見逃しなく…ラバル地区には観光面での見どころがいくつかあります(世界遺産に指定された旧サンタ・クレウ病院、バルセロナ現代文化センター、フェルナンド・ボテロによる猫の彫刻、バルセロナ近代芸術美術館、グエル邸またはサン・パウ・デル・カンプ教会)が、何よりも逃せないのが雰囲気、匂いや味、そしてバルセロナでも最も個性的な地区の1つの多文化性です。アクセス方法地下鉄駅:Sant Antoni駅(L2)、Universidad駅(L1/L2)、Paral·lel駅(L2, L3)またはLiceu駅(L3)。バス路線:1、55、59、67、88、120、121、v11、V13、V15、H14、D50。

旧サンタ・クレウ病院

サン・アントニ: 地元商店と本屋

場所ラバル地区の隣に、それほど観光地化されていないサン・アントニ地区があります。買うものこの地区には地元の商店街が8つ集まっており、特に地元住民の買い物を対象としたあらゆる商品を売っています。地元民向けの商店ですが、デザインの店、有名なブランドや、手作りの商品の伝統的な商店も見つけることができます。さらに、この地区ではバルセロナでも最も古く個性的な本屋がいくつか、そして大衆的なサン・アントニ市場が営業を続けており、毎日の生鮮食品に加え、毎週日曜日には古本や切手の店でいっぱいになります。お見逃しなく… 市場そのものが、19世紀末の典型的な建築様式を構成しています。アクセス方法地下鉄駅:Sant Antoni駅(L2)。バス路線:13、20、24、37、41、55、64、91、120、121、141、144。

サン・アントニ市場

ゴシック地区: 伝統的なバルセロナ

場所ボルン地区とともにバルセロナで最も古い地区であり、ラ・ランブラ、カタルーニャ広場、ライェタナ通りと港で囲まれています。買うものゴシック地区は、バルセロナの伝統的な商店を探すなら最高のオプションです。ここでは骨董品店、本屋、手作りの既製服ファッション店、帽子店、刃物店やあらゆる個性的な商店を見つけることができます。お見逃しなく… その古さにより、バルセロナ市のこの地区は大半の歴史的な魅力を擁しています。市役所本庁や州政府本庁、大聖堂に加えゴシック様式のサンタ・マリア・デル・ピー教会、バロック様式のサン・フェリップ・ネリ教会、昔のユダヤ人街や王の広場などです。アクセス方法地下鉄駅:Sant Antoni駅(L2)、Jaume I駅(L4)、Liceu駅(L3)とDrassanes駅(L3)。バス路線:47、59、120、H14、D20、V13、V15、V17。

ゴシック地区、バルセロナ

アル・ボルン地区: この地区限定のアバンギャルドとボヘミアン

場所ライェタナ通りを過ぎるとゴシック地区とシウタデラ公園の間に、バルセロナで最も古いもう一つの地区であるアル・ボルン地区が広がっています。買うものバルセロナ旧市街にありますが、アル・ボルン地区の伝統的な商店はファッション店、アクセサリー店やよりアバンギャルドで高級な贈答品の店へと取って代わられています。それでも、グラシア通り地区の豪華さとは無縁な、ボヘミアンで年代物の雰囲気を保っています。アル・ボルン地区の北部、アシャンプラ地区の近くには、マンガやアニメの商店もいくつかあります。お見逃しなく… バルセロナ・ピカソ美術館、カタルーニャ音楽堂、サンタ・マリア・デル・マール教会(ゴシック建築の珠玉)、サンタ・カテリーナ市場、ヨーロッパ現代アート美術館、シウタデラ公園、チョコレート博物館、凱旋門またはバルセロネータビーチです。アクセス方法地下鉄駅:Jaume I駅(L4)およびBarceloneta駅(L4)。バス路線:19, 47, 59, 120, V15, V17, V19, H14およびH16。

アル・ボルン地区でのお買い物

ツアーでのお買い物

バルセロナ市の訪問とショッピングを組み合わせるよい方法は、その作業場で職人やデザイナーの作業を間近に見ることができ100年以上の歴史を持つ老舗商店の訪問や、バルセロナのグルメを最高に堪能するグルメ店、芸術や街のデザインに親しむべく美術館のショップ、または21世紀のバルセロナにおいて定番となっている持続可能なファッションのブティックといった、バルセロナでも最も刺激に富むお店のガイドルートである、バルセロナ・ジェニュイン・ショップ・ツアーです。

バルセロナの音楽ショップ

アドバイスをひとつ

欧州連合外に在住の場合は、バルセロナでのお買い物の際に付加価値税(VAT)の払戻しを要求できることにご注意ください。このためには、買い物を行うときに免税小切手を見せる必要があります。さらに、この手続きは現在、街の中心にある観光案内所で行うことができます。

に関する詳細をごらんください