Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
アビラの城壁にある身体障がい者用スロープ

スペインでバリアフリーなバカンスを:誰もが利用できる文化的空間

none

ビゴの芸術が集まる場所、アタプエルカの遺跡、アルタミラの洞窟、カセレスのユダヤ人地区、アビラの城壁、タラゴナのローマ時代の遺跡など。バリアフリーバカンスをお探しなら、お身体の不自由な方でも安心してご利用できるこの国の文化的空間をいくつかご紹介します。メモをとってください!

スペインの多くの目的地では、すべての人に質の高い体験を提供できるよう文化遺産に条件を課しています。お身体の不自由な方のためのルートやアクセス方法、点字のガイドやマップ、手話での説明や多様性を尊重して準備されたアクティビティなどです。マドリードの国立プラド美術館ソフィア王妃芸術センター、バルセロナのラ・ぺドレラミロ美術館、グラナダのアルハンブラ宮殿サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂などの文化スポットでは、お身体の不自由な方を受け入れる準備が整っています。特にビゴの街と、そこにあるいわゆるゴールデンマイル・アートに言及する必要があります。これは複数の美術館、展示会ホール、カルチャーセンターを巡ることができるものです。またビゴは、「非常に困難な地形における革新的な建築」により、欧州委員会からヨーロッパで最もバリアフリーが進んだ5つの街のひとつに選ばれました。

カセレスのビジターセンターにある視覚障害者用のカセレスの模型

バリアフリーは、アタプエルカ遺産に見られるように、スペインの歴史や起源をさらに身近なものにしてくれます。新洞窟(オリジナルの複製)とアルタミラ博物館の両方に、必要な設備とサービスが用意されています。スペイン全土に広がる15の都市の旧市街や他の都市空間が世界遺産 に登録されていますが、これらすべてにバリアフリーのルートが備わっています。このように、カセレスのユダヤ人地区アビラの城壁タラゴナのローマ時代の遺跡などの貴重なスポットは、誰の手にも届くところにあります。両手を大きく広げてお待ちしております!

車椅子で美術ギャラリーを見学
に関する詳細をごらんください