Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ランサロテ島の隣にあるチニホ群島のうちの一つ、ラ・グラシオサ島のフランセサ・ビーチ

チニホ群島自然公園

Lanzarote

別世界の風景


この自然公園はランサロテ島内にあり、テギセとアリーアの自治体にまたがっています。地質学的重要性に加え、いくつかの絶滅危惧種や保護種が存在することから、生物学的重要性も有しています。

チニホ群島自然公園には、以下のとおり、科学的にも文化的にも貴重な区域が含まれています。それが、アレグランサ島、ラ・グラシオサ島、モンターニャ・クララ島、ロケ・デル・エステ島、ロケ・デル・オエステ(別名インフィエルノ)島、ファマラ山塊、ラ・コロナ・イ・マルパイス火山です。公園の風景は、注目に値する火山生成物の存在によって特徴づけられます。その一例として、直径1.1キロメートル、高さ289メートルのクレーターを持つアレグランサ島のカルデラや、直径1キロメートル、高さ250メートルのモンターニャ・クララ島のカルデラなどを挙げることができます。また、多くの海鳥が、こうした小島で繁殖コロニーを形成しています。うち7種が営巣しており、カオジロウミツバメ、オニミズナギドリ、ヒメミズナギドリ、2種のヒメウミツバメなどが含まれます。ここに生息している別の鳥類グループは猛禽類で、ミサゴ、エレオノラハヤブサ、ギレとも呼ばれるエジプトハゲワシなどがその代表例です。 さらに、これらの島の固有種である陸生無脊椎動物も14種います。島の魚類相では、228種の魚が確認されています。

チニホ群島自然公園


Teguise, ランサローテ島  (カナリア諸島)

スペースのタイプ:自然公園 面積:47,112 ヘクタール Eメール:medioambiente@cabildodelanzarote.com TEL::+34 928 810 100 Webサイト:チニホ群島自然公園

ランサローテ島 (カナリア諸島):

Haría. Teguise.

お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    1852年までランサロテ島の主都だったテギセは、現在では島の主要な文化・観光スポットのひとつとなっています。街路をはじめ、宮殿、修道院、広場などは昔ながらの面影を残しています。

  • 環境情報

    チニホ群島自然公園の特徴は既存の鳥類相にあります。ここは、ミサゴ、エレオノラハヤブサ、バーバリーハヤブサ、オニミズナギドリ、ヒメウミツバメ、エジプトハゲワシなどにとって、カナリア諸島でも最も重要な区域となっています。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン