Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
バビア生物圏保護区の湖

バビア生物圏保護区

León

歴代国王がくつろいだ場所


2004年にユネスコにより生物圏保護区に指定されたこの場所は、さまざまな植生と豊かな動物相を有しています。

バビア郡はカスティージャ・イ・レオン州レオン県の北西にあり、カブリラネスとサン・エミリアーノの自治体にまたがっています。アストゥリアス州とレオン州を隔てるカンタブリア山脈は北端にあり、2000mを超える山々が連なっていますが、その中でも際立つのは登山家のお気に入りの山の一つである、山頂2417mのペニャ・ウビーニャです。南にも別の山々があり、そこで際立つのは山頂2154mのラ・カニャーダ山です。かくしてバビアは、高山や岩山の特別な風景、素晴らしい峡谷や峠で特徴づけられており、そして標高が1000mを超える中央部ではシル川が流れる幅広い峡谷や牧草地があり、ここではラス・ベルデス湖のように氷河起源の湖を目にすることができます。自然の豊かさも印象的です: saxifraga babianasalix cantábricaといった固有種を伴う多様な植物相や、ヒグマ(絶滅危惧種)、ハイイロウズラやホウキノウサギ(カンタブリア山脈固有種)のような種が際立つ豊かな動物相を有しています。豊かな牧草地のおかげで放牧がこの地域の主な産業となっています。はるかエクストレマドゥーラ州から羊を連れて、夏にこの地域を訪れる羊飼いが長年にわたって使った道は、今でも目にすることができるものです。またスペイン語には、この郡にまつわる興味深い言語表現があります。「バビアにいる」という表現は、「気を取られている」を意味しています。その起源は、宮廷での諸問題を忘れて、このバビアに長期滞在し、周囲環境の静かさや美しさを楽しむことを好んだ、レオンとアストゥリアスの歴代諸王にちなむものです。

バビア生物圏保護区


レオン  (カスティージャ・イ・レオン)

お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    数多くの村や集落が、民衆建築の伝統的な味わいを保持しています。また、リオラゴにあり16世紀に遡るキニョネス一族の宮殿に加え、ビジャセシーノやラボ・デ・バビアの邸宅のような、レオン王国の貴族が当時保有した宮殿や荘園館の興味深い例があります。

  • 環境情報

    この地域は大西洋から地中海へと生態系が移行する地域にあるため、オーク、カバ、ブナやビャクシンのように、両方の環境に特有の植生に加え、数多くの固有種を目にすることができます。動物相も非常に多様で、ヒグマ、ヨーロッパオオライチョウまたはオオカミといった特別な動物、イヌワシ、エジプトハゲワシやシロエリハゲワシといった猛禽類、ノロジカ、イノシシやシャモアといった狩猟対象となる動物、そして川には数多くの魚が生息しています。

  • 観光情報

    レオン市からは高速道路A-66でバリオス・デ・ルナダムまで移動し、そこから州道C-623、そしてこの地域を通る地方道LE-481、LE-482やLE-483に入ります。この地域で実施可能なアクティビティは、ハイキング、サイクルツーリズム、ロッククライミング、登山や釣りです。