Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
アジャリス橋

アジャリス地域の生物圏保護区

Ourense

自然保存のモデル


2005年にユネスコにより生物圏保護区に指定されたアジャリス地域は、その文化的価値および資源の持続可能な利用により特に重要で、地域の動植物相が保存されています。

スペイン北西部のガリシア州はオウレンセ県に、アジャリス地域があります。リミア川が流れる盆地により形成されたこの空間は、山の縁で囲まれており、その北部にはアジャリスの花崗岩塊があります。郡内には特に興味深い隣接した風景が3種類あり、環境面で相互に関連しています。リミア川やアンテラ川沿いの草や灌木の植生が広がる土地ベイガス、森林塊により区分される牧草地と農地のモザイクであるトウサス、そしてオークとピレネーオークの混交林であるセベスです。この異なる植生により、共通種や絶滅危惧種による多様な動物相が存在しているのです。アジャリス地域はまた、伝統的な活動や実践が維持されているガリシアでも数少ない地域の一つであり、環境保全に一役買っていることから、文化遺産においても重要な地域となっています。

アジャリス地域の生物圏保護区


オウレンセ  (ガリシア)

スペースのタイプ:生物圏保護区 面積:21.48 ヘクタール Eメール:info@areadeallariz.com TEL::+34 988 442 210 Webサイト:アジャリス地域の生物圏保護区

オウレンセ (ガリシア):

Allariz.

お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    この地域の文化遺産には、アジャリス町の史跡群や古い砦、古代ローマ時代の考古学的遺跡に加え、ガリシア(パソス)の伝統的な宮殿や旧家の館の例があります。

  • 環境情報

    この郡は、イベリア半島におけるユーロシベリア地域と地中海地域の境界にあり、非常に重要な生物多様性を有しています。最も重要な動物種の中には猛禽類、オオカミ、ヌートリアや、数多くのイベリア半島固有種である両生類が挙げられます。

  • 観光情報

    オウレンセ市内からは、高速道路A-52により30分以内で到着します。この地域は、国道N-525に加え、州道や市町村道もあり、アクセスは良好です。