Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
ソリタ・デ・ロス・カネス城が町の景色の中心です(カスティーリャ‐ラ・マンチャ州グアダラハラ)

ソリタ・デ・ロス・カネス

Guadalajara

貯水池に隣接するラ・アルカリア地方にあるこの町は、タホ川の左側にある高い岩山に位置しています。

12世紀から13世紀に作られた城には城壁の外に突き出した塔があり、二重の鉄門、修復されたローマ時代の礼拝堂、モーロ人の広間もあります。城からはタホ川の全景、集落の家々、ソリタ・デ・ロス・カネスの大地を一望することができます。13世紀に作られた旧城壁の門が現在も保存されています。一方で、最も有名なものはレコポリスの遺跡に他なりません。西ゴート時代の578年、レオビヒルド王が息子レカレドの栄誉を称えて町の建設を命令し、その場所が現在の遺跡に他なりません。遺跡はオリーバの丘にあり、現存する数少ない西ゴート時代の町跡です。中世前期のバシリカ教会堂宮殿としては西ヨーロッパ全体でも最も古い建築群です。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。