Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
セゴルベ50年の泉、カステジョン(バレンシア州)

セゴルベ

Castellón-Castelló

セゴルベの町はパランシア上流の水のおかげで、広大な肥えた平地に恵まれいます。大聖堂や旧城壁跡に見られる中世の建物の中には建築的に優れた至宝が隠されています。ラ・エストレージャ丘陵にある中世の城跡はセゴルベの起源を示す貴重な資料になっています。

アグア・リンピア(清水)広場は、その名の通り、この地区の豊富な湧き水にちなんで付けられており、この町の中心となっています。その場所にはメディナセリ卿の宮殿がありましたが、16世紀には市役所に建て替えらえました。サンタ・マリア大聖堂はゴシック様式で建設されましたが、後にネオクラシック様式で改修が行われました。内部には七つの礼拝堂と美しい回廊があり、古文書館には見事な写本が残されており、別館には絵画コレクションが収められています。中世建築群の中でも、サン・ペドロ教会、サン・マルティン教会、サン・ホアキン教会、サンタ・アナ教会といった宗教建築物がひときわ目を引きます。過去には防衛を重視する時期があり、アルコ・デ・ラ・ベロニカ門やボチ円柱塔、カルセル円柱塔といった旧城壁の一部も残っています。観光の最後には、カテドラリシオ博物館と考古学・民族博物館がおすすめです。8月末に開催されるセゴルベの守護聖人を祝うお祭りは国際重要観光祭として登録されており、文化的な内容、宗教的な内容、余興等がふんだんに散りばめられたプログラムになっています。 

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


イベントカレンダー

展覧会、フェスティバル、スポーツ...


目的地で満喫できる関連イベントをご覧ください。