Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース

レルマ

Burgos

レルマは、アルランサ川の渓谷を見下ろす丘の上にあります。ローマ帝国建設以前の時代から、1598年から1618年の間にフェリペ3世の寵愛を受けたレルマ公爵の下で最盛期を迎えました。

現在は観光ホテルとなっている荘厳なドゥカル宮殿が、歴史的中心部の威厳ある外観をつくり出しています。この宮殿は1601年から1617年の間にフランシスコ・デ・モラによって旧城跡に建てられましたシンプルかつエレガントな輪郭が、4本の角のある塔に囲まれています。宮殿の前には巨大なドゥカル広場があり、元々は完全に柱廊で覆われていました。一番有名な宗教的建築物は、17世紀初頭に建てられたサン・ペドロ教会で、突出した通路でドゥカル宮殿に接続されており、アルランサ川の美しい景色を楽しむことができます。外観はシンプルですが、部屋にはフアン・デ・アルフェによる公爵の叔父であるクリストバル・デ・ロハス・イ・サンドバル大司教の貴重な祈りの像があります。1616年製のオルガンはスペインで最も古いものの一つです。また、17世紀に建てられたラ・ピエダッドの礼拝堂、サン・ブラス、神の母と聖母の被昇天の修道院、そして、レルマ公爵によって改築および刑務所に改造された中世の古い城壁への入り口であるカルセルのアーチも魅力的です。