Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
ラ・プエブラ・デ・モンタルバンのヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・パス教区教会(カスティーリャ・ラ・マンチャ州トレド)

ラ・プエブラ・デ・モンタルバン

Toledo

歴史の中で、15世紀のヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・パス教会とオスーナ公爵夫人の宮殿があるマヨール広場など、重要な建築物を残してきた壮大な古代の町。

その他にも、1604年に建てられた古い教会で唯一残っている部分であるサン・ミゲルの塔、1560年に建てられたバロック様式の改装が施されたルネッサンス様式のサン・フランシスコ教会と修道院などの重要な建物があります。また、1522年に設立されたコンセプシオン修道院にある、イタリアの影響を受けたプラテレスコ様式の教会の高祭壇には15世紀のスペイン学派の『この人を見よ』の板絵があります。16世紀に建てられたカリダッド病院は現在図書館として使用されています。ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・ソレダッド礼拝堂は、1733年から1743年の間に建てられたバロック様式の礼拝堂で、聖歌隊席、ドーム、メインチャペルのフレスコ画が保存されています。郊外とタホ川には、16世紀に建設され、17世紀に改装された穴が11つ空いた橋があります。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン