Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ポンテベドラ(ガリシア州)のカトイラ西塔

カトイラ

Pontevedra

この町は何世紀もの間、ガリシアで難攻不落の要塞の一つでした。

カトイラはサンティアゴ・デ・コンポステーラから37キロメートル離れたところにあり、ウージャ川の河口とリア・デ・アロウサ川が合流しています。この恵まれた立地のおかげで、ほぼ一年中温暖な気温を楽しむことができます。その自然環境も魅力の一つです。カトイラは、3種類の伝統的な風車があるガリシア州の唯一の自治体であり、風車が見られる深い森、沼地、河川よって形成された風景が広がっています。

この町の象徴的なシンボルは、常にトーレス・デル・オエステ(西の塔)でした。9世紀に設計・要塞化されたこの塔は、サンティアゴ・デ・コンポステーラの防衛システムの一部であり、何世紀にもわたってノルマン軍とサラセン人の海賊の攻撃に抵抗してきました。このカトイラの歴史の一部は、8月の第一日曜日に行われるバイキング巡礼の祭典で再現されています。この行事はバイキングの攻撃を再現した独特の祭りで、国際重要観光祭にも認定されています。元々は7つの塔で構成されていましたが、現在は2つの塔のみが残っています。その中には、使徒サンティアゴに捧げられた礼拝堂があり、伝説によるとその遺体はサンティアゴ・デ・コンポステーラに向かう途中でこの場所を通過しました。

イベントカレンダー

展覧会、フェスティバル、スポーツ...


目的地で満喫できる関連イベントをご覧ください。