Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
バレリアのローマ人遺跡(カスティーリャ‐ラ・マンチャ州クエンカ)

バレリア

Cuenca

クエンカの南にあるバレリアには多くの歴史芸術資産があり、訪れる人々をローマ帝国の時代へと導きます。

ラ・マンチュエラとして知られる地域には、バレリアのモニュメントルートがあります。マヨール広場の建築遺産が重要な歴史の痕跡となっています。この場所には市役所(17世紀)と12世紀に建てられたロマネスク調のアスンシオン教会(16世紀と17世紀に改修工事が行われています)があります。一般建築では、グラナダ卿の宮殿が有名です。町の中心近くではバレリアにあるイスパニア・ローマ時代の居住跡を見ることができます。丘の上にあり、グリトス川に面している立地条件から、この考古学遺跡の場所に中世の要塞が作られました。ローマ時代の旧バシリカ教会堂は西ゴートの信仰の場となり、後に聖母ロトンダ教会になりました。その他にも、通りの作りや水道橋と三つの貯水槽、さらに噴水からなる給水方法は高く評価されています。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。