Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
バレンシア・デ・アルカンタラのユダヤ人地区の通り(エクストレマドゥーラ州カセレス)

バレンシア・デ・アルカンタラ

Cáceres

スペインとポルトガルの国境に位置し、八つの集落には新石器時代の巨石墳があり、コースを巡り、巨石墳を見学することができます。

市内で最初に発見された遺跡は新石器時代のいくつかの時期にまたがるものでした。一方、市内で発見された新石器時代の遺跡の中でも、最も古い文明の遺跡は41の貴重な巨石墳で、先史時代の平石が発見されています。ヨーロッパの巨石遺跡において、最も貴重なものとして、1992年に重要文化財に指定されています。また、水道橋の痕跡はローマ人の存在を証明してます。市内に入ると、ゴシック・ユダヤ地区が広がります。スペインで、最も魅力的で保存状態がよい場所の一つで、数多くの尖頭形のファサードも含め、国定の歴史芸術的総体に指定されています。聖母ロカマドール教会も歴史芸術モニュメントに指定されています。ルネッサンス様式でゴシック調のファサードを持つエンカルナシオン教会もおすすめです。バレンシア・デ・アルカンタラの市町村では毎年、「ラ・トランスフロンテーラ」という行進が開催されます。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。