Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
Destino II

アルメンドラレホ

Badajoz

バロス平野の中枢を担うアルメンドラレホの地名は、この町が元来、アーモンドの木(スペイン語でアルメンドロ)で埋め尽くされた土地につくられた集落だったことに由来しています。

考古学的遺跡によれば、アルメンドラレホには遠い昔から住人がいたことが分かっていますが、町が建設されたのは、レコンキスタ完了後、おそらく13世紀ごろにサンティアゴ騎士団がこの地への入植を促してからのことです。

町にある遺産のうち、特筆に値するのは、かつてあった教会の上に16世紀に建てられたラ・プリフィカシオン教区教会です。バロック様式の塔とゴシック・ルネッサンス様式の壮麗な扉を構えた教会で、その扉には、碑文が付いたプラテレスク様式の装飾が施されています。また、クララ会の修道女が集うヌエストラ・セニョーラ・デル・アンパロ修道院は16世紀に開設されたもので、質素な外観を呈しているものの、内部は複雑な造りとなっており重要なスポットをいくつも抱えています。修道女たちが用意する手作り菓子は絶品です。修道院の正面にはフランシスコ会のサン・アントニオ修道院がありますが、こちらは1652年に建設されたもので、現在は重要歴史芸術モニュメントに指定されています。この宗教建築には礼拝堂もいくつか含まれています。アルメンドラレホの史跡群を締めくくるのは、いくつも存在する貴族の館です。2月1日から2日にかけて開催され、地域重要観光祭に指定されている「ラス・カンデーラス」の祝典は広く知られています。この祭りでは、悪霊を象徴する「パンタルッハ」と呼ばれるものが炎に包まれます。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン