Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
王立植物園を訪れる観光客

コルドバ王立植物園

Córdoba

1987年に設立されたコルドバ植物園は、とりわけ教育的、科学的な目的を持つものです。これは植物園のレイアウトとデザインからも明らかで、噴水のある3つの広場で中断される縦軸に沿って、さまざまなエリアが識別できます。系統的なコレクションは、長方形に分割されたエリアにあり、系統的な近縁性に準して配置された植物が植えられています。種はスペイン原産のもののみを集め、おもにローズマリーの低い生垣とクルミの木を中心に生い茂っています。いわゆる農学部では、芳香植物、薬用植物、園芸植物、果樹植物など、人間の生活に有用な植物を収蔵しています。中央広場の近くには3つのモジュールに分かれた温室があり、カナリア諸島、バレアレス諸島、アンダルシアに固有の植物のコレクションが展示されています。長い軸の終わりには樹木園があり、自然主義的なレイアウトとなっており、多くの樹木や低木がそれぞれの特徴に応じて配置され、隣には小さなバラ園があります。モリノ・デ・ラ・アレグリアはと呼ばれるものは実際には原始植物博物館で、庭園に15,000個ある植物の化石の一部を保管しています。この植物園のもうひとつの特徴として、入り口付近にある小さなエリアが盲人のための庭園となっていて、主に触覚と嗅覚を重視して植物が選ばれていることが挙げられます。

コルドバ王立植物園


Avenida de Linneo, s/n.

14004  Córdoba, コルドバ  (アンダルシア)

Eメール:info@jardinbotanicodecordoba.com TEL::+34 957200077 TEL::+34 957200018 Webサイト:www.jardinbotanicodecordoba.com
おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


おすすめプラン

次の訪問