Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
ローマ時代の無名の頭部。セビージャ考古学博物館

セビージャ考古学博物館

Sevilla

「カランボロの財宝」

この博物館は、1929年のイベロ・アメリカ万博のために建てられたネオ・ルネッサンス様式のパビリオンに入っています。

1942年、ベジャス・アルテス美術館にあった考古学コレクションがこの施設に移管されました。見学ルートは後期旧石器時代から始まり、ローマ時代といった興味深い中間の時代の数々を経て、アラブやムデハルの遺物に代表される中世に至ります。博物館の1階では、セビージャ県にある先史時代の発掘現場での出土品を年代順に展示しています。 コレクションの中でも、タルテッソスの時代の「カランボロの財宝」は特筆すべきもので、2階にはそれを扱った資料室があります。資料室では素晴らしい金の財宝が再現されていますが、これは、フェニキアの神々に捧げられた聖域、という元来の文脈に基づいたものです。

セビージャ考古学博物館


Plaza de América, s/n. (Pabellón de Bellas Artes)

41013  Sevilla, セビージャ  (アンダルシア)

おすすめプラン

次の訪問