Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
Monumento

聖マリア・デ・イランス修道院

Abárzuza

Navarra

修道院の起源はシトー会で、その建設は12世から14世紀まで延々と続きました。中世の建造物群では、教会、回廊、参事会室、懲戒室、面会室、厨房が残っています。16世紀から17世紀にかけての間、改築工事を実施。修道院は、メンディサバルによる永代所有財産解放令後、修道士がいなくなり、修道院の所有権は国に移転しました。1942年、ビアナ王子財団が本格的な再建工事に着手。この場所に、律修聖職者の宗教共同体 (テアティノ会) が設立され、今日まで修道院を運営しています。

聖マリア・デ・イランス修道院


Carretera NA-120

31178  Iranzu, Abárzuza, ナバーラ  (ナバーラ特権州)

Eメール:monasteriodeiranzu@teatino.com TEL::+34 646185264 TEL::+34 948520012 Webサイト:http://monasteriodeiranzu.com/ Webサイト:http://www.turismo.navarra.es