Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
Monumento

サンタ・マリア・デル・ウリバリ大聖堂

Bizkaia

ドゥランゴの城壁内に建てられた中世の建物です。現在の教会のうち目立つ建設要素は2つあります。そのうち1つはゴシック・ルネッサンス様式のもので、シュヴェ、尖頭アーチ3つ、星型ヴォールト、塔と内陣です。バロック・古典主義様式の要素で際立つのは、十字架の形の付け柱と内部のコリント柱です。寺院には身廊が3つあり、真ん中のものは両側のものよりも高くかつ幅広くなっており、星型リブヴォールトで覆われた多角形の後陣で仕上げられています。両側の身廊は、シンプルなリブヴォールトで覆われています。ふもとにある入口には、荘厳で古典主義様式のデザインの建築の扉があります。別の入口は書簡の間にあり、木の扉で保護されています。内部では、彫刻家マルティン・ルイス・デ・スビアテの作品である主祭壇画が特筆されます。

サンタ・マリア・デル・ウリバリ大聖堂


Calle Kanpantorrosteta, 9

48200  Durango, ビスカヤ  (バスク)

おすすめプラン

次の訪問