新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
Monumento

サンタ・マリア・ラ・マヨール教会

Málaga

さまざまな建築様式の融合

カトリック両王の命を受け1485年に着工し、17世紀についに完成した教会で、その建築には各時代の芸術様式が融合しています。1580年に起こった地震により、教会は建物の一部を損壊する被害を受けましたが、三廊式の外陣部分にはゴシック様式の放射線状の柱が残されています。ルネッサンス期に作られた内陣は、聖母を描いたバロック様式の装飾壁とならび、この教会の重要な要素となっています。聖母像の作者には諸説あり、一部の研究者がモンタニェスの作であるとする一方、「ラ・ロルダナ」の作であるという研究者もいます。

サンタ・マリア・ラ・マヨール教会


Plaza Duquesa de Parcent, s/n.

29400  Ronda, マラガ  (アンダルシア)

おすすめプラン

次の訪問