Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
サンタ・マリア大聖堂。ビトリア。

サンタ・マリア大聖堂

Araba-Álava

ゴシック様式の建築です。


13世紀以前の建築物の上に建てられた寺院です。興味深い彫刻のある門があります。

サンタ・マリア大聖堂の起源は、13世紀初めの教会砦の計画です。その後、ゴシック様式の下で14世紀と15世紀にかけて、さまざまな段階で建設が行われました。大聖堂は、重量により完全に曲がった巨大な柱と、美しいものの脆いトリフォリウムで支えられています。「工事向けに開かれた」状態になっている現在では、別の形で大聖堂を訪れることができます。大聖堂の復元計画により、この建物の再建作業がどのようなものであるか、直接目にすることができます。この工事は、文化遺産の保全と改善に関して欧州連合が出すエウロパ・ノストラ特別賞を受賞しました。

サンタ・マリア大聖堂


Calle Cuchillería 95-97

01001  Vitoria-Gasteiz, アラバ-アラバ  (バスク)

Eメール:visitas@catedralvitoria.com TEL::+34 945255135 TEL::+34 945122160 Webサイト:www.catedralvitoria.com
おすすめプラン

次の訪問