Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
プラセンシア大聖堂

プラセンシア大聖堂

Cáceres

素晴らしい建築。


プラセンシア大聖堂は、異なる様式2つの建物から構成されています。リブヴォールトのある身廊3つから構成されています。

プラセンシア大聖堂は建物2つから構成されていますが、そのうち旧大聖堂は13世紀に建設が始まり、ロマネスク様式からゴシック様式への移行期の様式になっています。最初の教会のうち残されている部分は身廊、西のファサード、そしてゴシック様式の回廊と、ビザンチンの伝統を持ち飾りが施されたドームで覆われた参事会室です。15世紀に建設が始まった新大聖堂は、ゴシック様式です。高い丸天井があり、柱の梁で支えられています。主祭壇画は17世紀のものであり、グレゴリオ・フェルナンデスの彫刻やフランシスコ・リッチの絵画があります。教会の中には、フランボワイヤン・ゴシック様式からプラテレスコ様式への移行期にあたる聖歌隊席の石造建築があります。旧大聖堂には現在、大聖堂美術館があります。

プラセンシア大聖堂


Plaza de la Catedral, s/n.

10600  Plasencia, カセレス  (エクストレマドゥーラ)

Eメール:oficina.turismo@aytoplasencia.es TEL::+34 927 424 406 Webサイト:http://catedralesdeplasencia.org/
おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


おすすめプラン

次の訪問