Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
Monumento

モンソン城

Monzón

Huesca

アラブ起源で11世紀末にアラゴン王国の諸王による征服を受けた後にテンプル騎士団に寄贈され、彼らが最も強力な委託統治制(エンコミエンダ)をここで確立しました。

古いアラブの城塞は、1143年にテンプル騎士団に譲渡されました。僧兵らがこの建物を修道院に改装し、シトー会の軍事様式の建物を追加しました。ここで、将来のアラゴン王ハイメ1世征服王が初等教育を受けました。後世に建設された城跡内部(17世紀~18世紀)を指し、これらはテンプル騎士団による5つの建造物(12世紀)を取り囲んでいます。追悼塔は旧アラブの塔(10世紀)で、被委託統治者(コメンダドール)の住居として使われていました。その隣に、ロマネスク様式の礼拝堂があります。参事会室兼食堂は35 x 12mの長方形の建物で、幅広く壁がなく、貯水槽を備えています。寝室は2階建てと地下室のある建物の中にあり、不等辺四辺形のシルエットと2階そしてテラスを擁するのハイメ1世の塔は、エンコミエンダの監獄として機能していました。

モンソン城


Castillo, s/n.

22400  Monzón, ウエスカ  (アラゴン)

Eメール:turismo@monzon.es TEL::+34 974417791 TEL::+34 974417774 TEL::+34 664750316 Webサイト:www.monzon.es/castillo.htm
おすすめプラン

次の訪問