Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
Monumento

カサ・デル・チャピス

Granada

モリスコの大きな家


1932年以降、政府はCSICアラブ研究学校としてこの建物を利用

16世紀のアラブ人の家二軒で構成される建造物。それぞれ、モリスコ――レコンキスタ後もイベリア半島に残ったイスラム教徒――のエルナン・ロペス・エル・フェリとロレンソ・エル・チャピスが所有していました。現在、グラナダで最も大きく、かつ有名なモリスコ家と見なされています。家の中では、ムデハル芸術の要素を見ることができます。

カサ・デル・チャピス


Cuesta Chapiz, 22

18010  Granada, グラナダ  (アンダルシア)

TEL::+34 958222290 TEL::+34 958222291 Webサイト:www.eea.csic.es
おすすめプラン

次の訪問