Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ペニャ・デ・カンダモ洞窟。アストゥリアス

ペニャ・デ・カンダモ洞窟

Candamo

Asturias

ソリュートレ文化の時期の先史絵画。


その作成時期を特定するのは困難ですが、1914年に発見されたこれら先史時代の絵画は、旧石器時代前期、今から約1万8000年前のソリュートレ文化と言われる時期に属すると考えられています。洞窟は60mの長さがあります。さまざまな部屋から構成されており、その行程は入口のギャラリーと呼ばれる場所から始まります。「彫刻の間」には、洞窟で最重要のパネルであり、縦7mで幅8mの彫刻の壁があります。鹿や馬、バイソンやヤギ、シャモアや、特定が難しいその他動物の絵が、複雑に構成されています。使用されたテクニックはさまざまなもので、絵画と彫刻が混じっています。この間の奥にある壁龕は、おそらくこの洞窟でも最も見どころの一群です。石筍の滝の高所には壁のキャンバスが発見され、そこには牛や馬、ヤギや不完全な牡牛の像が表現されています。同じ場所では「石筍の盛り土」と呼ばれる馬の壁画があり、バティシアのギャラリーへとアクセスできます。「赤いしるしの間」では点線などのシンボルのしるしがあり、これを男女と解釈する人もいます。

ペニャ・デ・カンダモ洞窟


33828  San Román, Candamo, アストゥリアス  (アストゥリアス州)

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン