新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス

ハビエル

Navarra

聖フランシスコ・ザビエルの家

15世紀から20世紀のスペイン絵画コレクションや19世紀の日本の着物など、重要な芸術作品が収容されています。また、歴史文書も保存されています。

その歴史は5世紀にさかのぼります。 ナバーラ州の守護聖人フランシスコ・ザビエルは1506年に生まれました。建物はこの地の有力な家系、アルティエダ家、ヤソ-アスピリクエタ家やアスナレス家などの住まいでした。 要塞は歴史を通じて、数度の変容を遂げています。 新宮殿は、15世紀末に隣接して建設されました。 現在は、20世紀起源のバシリカで占められています。 城内では、聖フランシスコ・ザビエルの受難を描いた18世紀フランドル派ろう画作品、東方三賢人の礼拝を表す多彩色雪花石膏の16世紀の祭壇彫刻、そして死の舞踊を中心とした様々な壁画などが特筆に値します。 もうひとつの宝は、15世紀の多彩色の木彫りの十字架のキリスト像を冠したキリストの礼拝堂です。 また、ゴドフレド・マエス作の6点の巨大なバロック絵画や、聖人として列聖された1622年頃のフランシスコ・ザビエルの彫像もあります。 城は、重要な考古学的修復作業の後、1986年に博物館となりました。

ハビエル


31411  Javier, ナバーラ  (ナバーラ特権州)