新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス

ラ・アルムダイナ王宮

Mallorca

マヨルカのレアル・アルカサル

その名は城壁の外の要塞を意味します。

ラ・アルムダイナは、ハイメ2世、サンチョ1世そしてハイメ3世の統治下、マヨルカ独立王国の中心でしたが、ペドロ4世の時代にアラゴン王国の手に渡りました。現在の城は1281年に建設が始められたイスラム教徒のアルカサルが改築されてできたものです。建物は王の館のあった長方形の塔、女王の宮殿、ティネルと呼ばれる広間、王室礼拝堂、そしていくつかの中庭から構成されています。内部では、多様なタペストリーと異なる歴史時代の調度品の装飾が特筆に値します。現在、現国王陛下により夏季の公式行事のための宮殿として使用されています。

ラ・アルムダイナ王宮


Calle Palau Reial, s/n.

07001  Palma, マヨルカ  (バレアレス諸島)

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


おすすめプラン

次の訪問