Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
アルメリアの城塞。

アルメリアの城塞

Almería

庭園のある城塞。


アブド・アッラフマーン3世が、955年にその建築を命じました。城塞跡の上に建設されたものです。

城塞はアラブ起源の宮殿です。アルメニアのものは、3つの区画から成り立っています。最初のものには、住居と浴室がありました。このため都市化された地区だったのですが、今日ではここはさまざまな庭園で占められています。その中でも特徴的なのはサリエンテの稜堡、ムロの壁と、1763年に溶解したサンタ・マリア・ラ・マヨールの鐘です。2つ目の地区には、宮殿の付属物が備えられています。カリフによるロス・アルヒフェスの建物は恐らく、この複合施設の中でも最も保存状態がよいものの一つでしょう。他にもムデハル様式の礼拝堂、軍隊用の浴室や、台座から再建された典型的なイスラム式の住居が際立ちます。かつてはここに、アルモタシン宮殿がありました。そして3つ目の区域では、1489年にこの街を征服した後にカトリック両王が建設を命じた、城の跡があります。その内部は、練兵場の周囲に広がっています。この区画の主な要素は追悼塔、ノリア・エル・ビエント塔、そして火薬の塔です。アンダルシア州政府により、1989年に歴史的建築群と認定されました。

アルメリアの城塞


Calle Almanzor s/n

04002  Almería, アルメリア  (アンダルシア)

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


おすすめプラン

次の訪問