Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
カバジャーダ祭

カバジャーダ祭

国定観光名物祭り
Guadalajara

町の歴史を感じさせる衣装を特徴とする、地域特有の人気のお祭りです。

1162年、アルフォンソ8世が王位を狙う叔父のレオン家のフェルナンド2世の手に落ちないよう、アティエンサのラバ追いたちが駆け付けたことを記念して行われます。レオン王の兵士たちが、星の聖母を讃える巡礼が行われていると思い気を取られている間に、ラバ追いたちは人目を忍んで立ち去ったと言われています。歴史的な要素と宗教的な要素が混在する行事です。

祭りは日曜日の朝、馬に乗った兄弟会のメンバーが、タンバリンとドゥルサイナの音色に誘われて、ビルヘン・デ・ラ・エストレージャ(星の聖母)の庵に巡礼に行くところから始まります。そこでは、聖母像とともに行列が行われ、山車や焼き菓子の競売が、セレミンという昔の単位を用いて行われます。競売を行う人は「マンダ」と呼ばれます。ラバに乗り、長い黒いマントと帽子をかぶった兄弟会のメンバーは、バグパイプ奏者、旗手、修道院長、プリオステ、「セイス」、執事長に先導されて町を通り、エストレージャの庵に向かい、ミサに参加した後、行列と兄弟会の昼食が行われます。午後には行列は再び戻り、町を横断した後、兄弟会のメンバーはプエルタ・カバージョ近郊で激しいレースを行います。最後に、ラ・トリニダード教会の前で、兄弟会の新しい代表者選挙が行われます。兄弟会の総裁は「プリオステ」と呼ばれ、何年かこの地位にある者は「セイス」と呼ばれます。プリオステになった者はマントと帽子を着用し、その他の者は美しい刺繍が施された興味深いジャケットを着用します。女性も祭りに参加し、プリオスタやそれぞれ「セイサ」と呼ばれる、主に行列のイメージを華やかにする役割を担います。

カバジャーダ祭


Atienza, グアダラハラ  (カスティージャ-ラ・マンチャ)

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン