新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
Fiesta

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・コンセプシオンの降下と上昇ペゴテの聖母

国定観光名物祭り

Nava del Rey

Valladolid

バリャドリッドの町ナバ・デル・レイでは、毎年、11月30日にピコ・サルセロの礼拝堂から聖母像の下降、12月8日に上昇が祝われます。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・コンセプシオンへの最初の言及は、その名前がつけられた礼拝堂が建てられた16世紀まで遡ります。1745年、聖母の上昇と降下を祝うこの伝統を継続的に行うことが決められました。この儀式が最初に行われたとき、嵐のため焚き火と「ペゴテ」(トーチ)で道を照らしたことから、ペゴテの聖母と呼ばれるようになり、そしてそれ以来この習慣は維持されてきました。

聖母は、真夜中にラバ追いが運ぶ馬車に乗って降下し、隣人は寒さに耐えれるようラバ追いにポンチと熟成ワインを提供し、歓声を送ります。12月8日の上昇では、聖母はマントと宝石で飾られ、隣人は焚き火を寄せ、礼拝堂に着くと、祭壇に聖母像が置かれます。 祭りは定番料理と焼き栗を食べて幕を閉じます。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・コンセプシオンの降下と上昇ペゴテの聖母


Nava del Rey, バジャドリ  (カスティージャ・イ・レオン)