Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
スペインでサーフィン

スペインでサーフィン

none

サーフィンが人生哲学だったり、海で自由な気分を味わいたいなら、スペインでのサーフィンをおすすめします。スペインには、サーフィン向けの波があり、熱中できるこのスポーツを実践できる数多くのビーチを見つけることができます。唯一の要件は海を恐れず、波を求めて動くことです。

スペインが選ばれる理由

国内外のサーファーの間でも有名で、あらゆる海底や防波堤がある場所でサーフィンを実践できる素晴らしいビーチがあるから。幅広いバラエティの波があり、その中には国際的に有名なものもあるから。温かい気候、さまざまな種類の風や海流があるから。サーフィン講座やサーファー環境の宿泊を提供する学校や企業が幅広くあるため。サーフィンが主人公となり、音楽や映画、ヨガなど別の種類のアクティビティと組み合わせられることが多い、フェスティバルの会場であるため。スペインは、最高のサーファーが選んだ目的地であるため。

エル・パルマール・ビーチ(カディス県)にいるサーファー

サーフィンの様式

サーフィンに加え、スペインではそれ以外の活動も行えます。以下にいくつか紹介します。ボディボード:サーフィンのボードには立たず、通常ポリエチレンの小さなボードから胸をわずかに上げて、波の上で滑りやすくなるようにするモードです。ボードの大きさは身長や体重により変わりますが、サーフィンの通常のボードよりも軽く運搬が簡単です。フリップも使われます。ニーボード:このサーフィンは通常よりも短いボードの上にひざまづき、推進力を高めるフリップを使います。スキムボード:サーフィンボードに似たものの、より短く幅は太いボードを海岸沿いに出し、波に入って乗るというものです。波がない場合でも実践できます。スタンドアップパドル:サーフィンボードの上で立って漕ぐ必要があるため、きちんとしたバランスが必要です。何よりものメリットは、学習が簡単なことです。ロングボード(またはタブロン):この場合には、サーフィンよりも長く幅の広いボードで波の上で立って滑ることになります。

サン・ビセンテ・デ・ラ・バルケラ・ビーチ(カンタブリア)にいるサーファー

最適な季節

スペインでは年中サーフィンを楽しむことができます。初心者であれば、波がより穏やかな夏にお越しになることをおススメします。しかし、経験豊富なら、冬に待っている荒々しい波に魅力を感じることでしょう。

地域一覧

カンタブリア州は、スペインのサーフィンにおけるパイオニアです。この地方でのサーフィンの実践で最もおススメのビーチは、以下の通りです。ロス・ロコス(スアンセス):カンタブリア州中部の海岸にあり、断崖で囲まれています。カナジャベとバルデアレーナス(リエンクレス・ピエラゴス):両方ともリエンクレス砂丘自然公園内にあり、素晴らしい自然美があります。ソモとロレド(リバモンタン・アル・マル):ソモは、サーフィンのファンの間で最も知られたビーチの一つで、スペインにおける最初のサーフ自然保護区です。リス(ノハ):4kmに及ぶこの長い砂浜は、ノハでも最も訪れる人の多いビーチの1つです。さらに、カナリア諸島には海に開けた海岸が200km以上あり、そこでもサーフィンを楽しむことができます。エル・コンフィタル(ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア)です。その波は、カナリア諸島でも最高のものの一つと考えられています。エル・ケマオ(ランサロテ島):火山性の岩が海底にあり、上級サーファーにぴったりです。エル・ソコロ(テネリフェ島):コンテストやトレーニングの定番の場所としてよく知られています。

ランサロテ島(カナリア諸島)の道路にいるサーファー

また、スペインのその他の地方でもサーフィンを行うことができます。例えばバスク州ならムンダカ(ビスカヤ県)やサラウス(ギプスコア県)のビーチ、アンダルシア州ならカディス県のイエルバブエナとエル・パルマールのビーチ、ガリシア州ならフェロルテラ・リアス・アルタス地方のビーチ(波のビーチとして知られている)、またはアストゥリアス州のロディレスやラス・サリーナスのビーチです。

サーフィン

アドバイスとおすすめ

海に入る前に気象状況、波の状態や風の方向をチェックし、海流に特に注意を払いましょう。最良の風は陸から海への風で、波と反対側になります。海や風、そして天候の状態を知らせてくれるサイトが数多くあります。たとえば、スペイン気象庁(AEMET).のサイトです。適切な装備を行いましょう。ネオプレン製のスーツを着用して衝撃を回避し体の熱を保つことが欠かせません(さまざまな種類のスーツがあり、その中にはサーフィンを行う季節に適したものもあります)。サーフィンボードも必要です。持っていない場合、休暇で訪れる場所で借りることもでき、そこでは専門家やモニターが最良のボードについてアドバイスを行います。ご自分のボードをお持ちで、飛行機で旅行する場合、しっかりと梱包しておく必要があります。航空会社の多くが追加料金を徴収することに注意しましょう。このため、事前に確認しておくことをおすすめします。大きな波に乗ったり、岩がちの海底のビーチでサーフィンを行ったりする場合、ヘルメットの使用を推奨します。スペイン国内でのサーフィン選手権やコンテストに参加する場合、連盟に加盟して必要な保険を全てかけておく必要があります。サーフィンは自分1人でもできますが、他のリスクのあるスポーツ同様グループで行うことをおすすめします。全てを手配してくれる企業の存在に加え、他の人を知る十分な時間があり、他のサーファーと体験を共有できるからです。万が一事故が発生した場合は、緊急通報用電話番号112番に連絡してください。サーフィンの詳細については、各地域の観光案内所に足を運ぶか、またはサーフィン連盟にお問い合わせいただけます。スペイン全国サーフィン連盟のウェブサイトもご覧ください。

に関する詳細をごらんください