Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
モンテホのブナ林のクローズアップ写真

世界遺産に登録されているスペインのブナ林

none

モンテホ(マドリード州)、テヘラ・ネグラ(カスティージャ-ラ・マンチャ州)、リサルドアとアスタパレータ(ナバーラ州)、クエスタ・フリーアとカナル・デ・アソティン(カスティージャ・イ・レオン州)のブナ林は、ユネスコの世界遺産に登録されている「カルパティア山脈とヨーロッパ各地の古代及び原生ブナ林」に含まれます。

ブナ林の美しさは、秋になるとますます磨きがかかります。巨大な森にはブナの木が生い茂り、人の手はほとんど加わっていません。さらに、このブナ林は、10月から11月にかけて黄土色や赤色をベースにほぼ無限の色合いに染まるため、この時期になると、地元の自治体の多くがブナ林にちなんだルートやアクティビティを企画するのが恒例となっています。なお、多くのブナ林で事前予約が必要ですので、訪問の際はご注意ください。カスティージャ-ラ・マンチャ州のブナ林:テヘーラ・ネグラのブナ林はマドリードから約150キロメートルのところにあります。秋の間は事前に駐車スペースを予約しておく必要があります。徒歩で行ける周回ルートが2本と、ビジターセンターが1か所あります。マドリード州のブナ林:マドリードから約100キロメートルのところに位置するモンテホのブナ林は、シエラ・デル・リンコン生物圏保護区の一角を占めています。立ち入る際は予約が必要です。ナバーラ州のブナ林:リサルドイアのブナ林は人気の高いイラティの森の一部で、ビジターセンター(オチャガビーアにあるカサ・デ・イラティ)の近くにあります。そこを起点にガイドツアーが催行されているほか、マウンテンバイク用のルートの情報を得ることもできます。一方、アスタパレータのブナ林はロンカル渓谷の一部で、ピレネー山脈の中心にあるララ=ベラグア・スキー場のすぐそばに位置しています。カスティージャ・イ・レオン州のブナ林:クエスタ・フリーアとカナル・デ・アソティンのブナ林は、ロス・ピコス・デ・エウロパ国立公園のレオン県側に位置しています。「サハンブレの村を巡るルート」と呼ばれる公園内のコースは、ブナ林のエリアを通る上、難易度が低いため徒歩で行くのに適しています。オビエド市やレオン市からおよそ125キロメートルの地点にあります。

世界遺産に登録されているスペインのブナ林


ナバーラ (ナバーラ特権州):

Ochagavía-Otsagabia. Ezcároz-Ezkaroze.

グアダラハラ (カスティージャ-ラ・マンチャ):

Cantalojas.

マドリード (マドリード自治州):

Montejo de la Sierra. Hiruela, La. Horcajuelo de la Sierra. Puebla de la Sierra. Montejo de la Sierra. Prádena del Rincón.

レオン (カスティージャ・イ・レオン):

Oseja de Sajambre.