Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
マリニャス・コルニェサス生物圏保護区におけるアベゴンドダム

アス・マリーニャス・コルニェサスとテラス・ド・マンデオ生物圏保護区

A Coruña

スペイン北西部ガリシア州ア・コルーニャ県にあり、11万3969.7haの陸地面積と2,754.8haの海域面積を持ち、県内面積の14.33%を占め、18の自治体にまたがっています。

生物圏保護区への訪問では、メロ川とマンデオ川という二大河川の流域や、河畔の森や湿地に関連した自然、そして大西洋の森林に典型的な内部と海岸の水域の接続地域を知ることになります。 この地域はまた、天然資源の利用に関連した数多くの文化的多様性(蜂蜜の生産など)も有しています。これら全てにより、地域社会の維持や地元の畜産種の保存が実現しています。 実際のところ、環境保全が高品質のさまざまなグルメ商品(ワイン、海産物など)を訪問客に提供する可能性を生み出しているのです。

アス・マリーニャス・コルニェサスとテラス・ド・マンデオ生物圏保護区


San Marcos, s/n.

15318  ア・コルーニャ  (ガリシア)

スペースのタイプ:生物圏保護区 面積:116,724 ヘクタール Eメール:info@marinasbetanzos.gal TEL::+34 981 669 541 Webサイト:アス・マリーニャス・コルニェサスとテラス・ド・マンデオ生物圏保護区

ア・コルーニャ (ガリシア):

Abegondo. Aranga. Arteixo. Bergondo. Betanzos. Cambre. Carral. Cesuras. Coirós. Culleredo. Curtis. Irixoa. Miño. Oleiros. Oza dos Ríos. Paderne. Sada. Sobrado.

お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    この地域では、パソ・デ・マリニャンのようなモニュメントやその有名な庭園、ベタンソスにおけるさまざまな教会、またはロマネスク様式の重要な建造物を目にすることができます。さらにこの地域は、サンティアゴ巡礼の道のうち、イングランドの道と北の道という2つのルートが通っています。

  • 環境情報

    環境を配慮した地域であり、持続可能な形で天然資源は採取されています。