Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
 マヒナ山脈、ハエン県

マヒナ山脈自然公園

Jaén

スペインアイベックスが主役のスポット


スペインアイベックスやイノシシ、ヨーロッパヒイラギガシやバレンシアナラ、オリーブやサクラの木の生息地となっています。

マヒナ山脈公園は、アルバンチェス・デ・マヒナ、ベドマル、ベルメス・デ・ラ・モラレダ、カンビル、ウエルマ、ヒメナ、ホダル、ペガラハルおよびトーレスの市町村にまたがって広がっています。県都から約30キロの場所に、標高2,167メートルという県内最高峰の山塊を擁しています。グアダルキビール川とグアディアナ・メノールの盆地に挟まれた約2万ヘクタールの土地に、主に石灰質の岩々が形成する非常に起伏の多い風景が広がっています。この地域は、15世紀から続くオリーブ、イチジク、サクランボを中心とした農業活動が盛んです。

マヒナ山脈自然公園


ハエン  (アンダルシア)

スペースのタイプ:自然公園 面積:19.96 ヘクタール Eメール:cvmatabejid@reservatuvisita.es TEL::+34 682 692 652 Webサイト:マヒナ山脈自然公園 Webサイト:マヒナ山脈自然公園 予約用電話番号:+34 953779718

ハエン (アンダルシア):

Albanchez de Mágina. Bélmez de la Moraleda. Cambil. Huelma. Jimena. Pegalajar. Torres. Bedmar y Garcíez.

お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    ベルメスとクアドロスの塔、ベドマル、ホダル、アルバンチェス・デ・ウベダの城、ヒメナやカンビルのアラブ式要塞や城壁など、13世紀から15世紀の要塞や城の遺跡があります。

  • 環境情報

    マヒナ山脈には、イベリア半島南部の非常に限られた範囲にしか分布していない種が生息しています。植生は基本的に、ヨーロッパヒイラギガシ、サビン、バレンシアオーク、セイヨウネズといった地中海性気候の植物です。また、オリーブの木、桜の木、アーモンドの木、標高1,800メートル以上の場所ではローズマリーの茂み、カエデの木などが見られます。絶滅の危機に瀕している高山植物相も存在します。動物相では主に、チョウゲンボウ、タカ、イヌワシ、クロウタドリ、クビワツグミ、アオカワラヒワ、ゴシキヒワなどが生息しています。スペインアイベックスやイノシシの個体群も見られます。また、ボネリークマタカが巣作りするエリアでもあります。

  • 観光情報

    詳細については、Calle Doctor Eduardo García Triviño López, nº15, 2ª planta, 23071 JaénのDirección - Conservación del Parque Naturalにお問い合わせください。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン