Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ルゴ県アンカレス山脈

オス・アンカーレス・ルセンセス、モンテス・デ・ナビア・セルバンテスとベセレアー生物圏保護区

Lugo

保存状態の良い自然


2006年にユネスコにより生物圏保護区に指定され、ガリシア州ルゴ県の面積の6%を占めており、ロス・アンカーレス国立禁猟区にも指定されています。

オス・アンカーレスは素晴らしい山地の生態系の一例であり、ここでは天然資源が長年にわたって地域住民により賢く活用されており、これにより他にない風景が構成されています。多様性を特徴とするこの地域では、山々の間にはさまれた小さな峡谷、氷河や河川起源の地形、または人間活動に密接に結びついた形で保存されている森林や草原を目にすることができます。オス・アンカーレス・ルセンセスは、ユーロシベリア地域と地中海地域の2つの地域の境界にあることから非常に興味深いスポットで、北方起源の種と地中海の種が共存しているのです。この保護区は、オス・アンカーレスをヨーロッパ南西限の生息地とする、ヨーロッパオオライチョウやヒグマのような絶滅危惧種の動物たちの生存にとって、大切な空間になっています。

オス・アンカーレス・ルセンセス、モンテス・デ・ナビア・セルバンテスとベセレアー生物圏保護区


ルゴ  (ガリシア)

ルゴ (ガリシア):

Navia de Suarna. Cervantes. Becerreá.

お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    かつてこの郡へのアクセスは困難であったことが、伝統的な習俗や生活様式の保存に一役買いました。パジョサと呼ばれるわらぶき屋根の住宅は、オス・アンカーレスの民衆建築において強調される要素であり、前ローマ時代起源の円形型石造建築で、屋根がわらで覆われており、そこに人間や家畜が居住していたのです。この地域の様々な場所で、興味深い歴史モニュメント群も目にすることができます。

  • 環境情報

    オーク、カバ、トキワガシ、ヒイラギなど、多様な森や植生を目にすることができます。ハイキングルート(トレス・オビスポス、カンパ・デ・ブラーニャ)やかつてのローマ街道が存在し、これにより保護区の奥へと入り、手つかずな状態の自然を楽しむことができるのです。

  • 観光情報

    この自然地帯についての詳細情報を入手するには、ルゴ県デグラダのセルバンテス地区にある、オス・アンカーレス自然教室をご利用いただけます。また、地域内にあるさまざまな自治体の観光案内所に向かう手もあります。この地域で実施可能なアクティビティのいくつかはハイキング、登山や狩猟です。