Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
テルエルのモラ・デ・ルビエロス(アラゴン州)

モラ・デ・ルビエロス

Teruel

モラ・デ・ルビエロスは、グダル地方の首都です。城の大半を占める高台から見て、モラ川の左側に位置しています。火打石の作業場3つ、青銅器時代の発掘現場3つ、イベリコ型が6つ、イベリコ陶器と赤褐色粘土からの陶器が2つ見つかっています。

他のモニュメントに加え、モラ・デ・ルビエロスには、重要な地中海ゴシック様式を持つ建物が2つあります。中心街で最も重要なモニュメントとしては、14世紀に建てられレバンテ地方のゴシック様式が特徴的で、高い芸術的価値のある15世紀の手すりと足元に聖歌隊席がある、サンタ・マリアの旧参事会教会、アラゴン王国の遺産として最もよく保存されている建物の1つであり、地中海ゴシック様式の一般的かつ軍事的な建築の作品として知られる、壮大な城などがあります。またこの町には17~18世紀、5つの礼拝堂があります・17世紀から保存されているのはドロロサ礼拝堂とロレート(サンタ・ルシア)礼拝堂、その他はサン・ロケ礼拝堂、サン・ミゲル礼拝堂、そしてソレダッド礼拝堂があります。モラ・デ・ルビエロスには一般建築も多くあり、その代表として市庁舎や高貴な家々が挙げられます。また伝統工芸品としては枝編み細工品があります。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン