Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
カラセイテ中心部の通り(アラゴン州テルエル)

カラセイテ

Teruel

カラセイテに誕生した博物館は、偉大な考古学者であったジョアン・カブレー氏(1882~1947)の人物像を記念し、かつ広めることを目的としています。

カラセイテは、マタラーニャ川とアルガ川が流れる渓谷のはざまにある丘の、東側の斜面に位置しています。美しい選択肢が用意されているこの魅力的な町には、3つの身廊と立派なファサードを構えるゴシック様式のラ・アスンシオン教区教会(17~18世紀)、ルネッサンス様式の自治体庁舎、サン・アントニオ通りに面して建つサン・アントニオ礼拝堂(17世紀)、サン・ロケ礼拝堂(17~19世紀)、ピラールの聖母礼拝堂(18世紀)があります。また、ゴシック様式の末端十字架(13~14世紀)もありますが、こちらは八角形の柱とシンプルな基部からできており、15世紀に再建されたものです。このほかにも、カラセイテには18世紀の建造物が数多く残されています。カラセイテの自治体内にはサン・アントニオのイベロ族遺跡があり、ここでは紀元前5世紀のものとされる考古学品が発掘されています。