Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
カセレスのハランディージャ・デ・ラ・ベラの石橋の一つ(エストレマドゥーラ)

ハランディージャ・デ・ラ・ベラ

Cáceres

15世紀に建てられたハランディージャ宮殿では、ユステが改装中の間、カルロス1世が住んでいました。現在宮殿はパラドールとして利用されています。

ハランディージャの普通建築では、ドン・フアン・デ・オーストリアの指導者であるドン・ルイス・デ・キハーダの家とさらし台が目立っています。また、ローマ時代風の中世の橋がいくつかあり、ローマ時代の陵墓の近くにあった切り石が建設に使われています。ヌエストラ・セニョーラ・デ・ソペトラン、ヌエストラ・セニョーラ・デ・シンチョ、サンティシモ・クリスト・デル・ウミジャデーロの礼拝堂、サン・フランシスコ修道院、サン・アグスティン教会、そして12世紀と13世紀に岩の上に建てられたヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・トーレ教会など、たくさんの宗教建築物があります。12月7日の夜には、聖母マリアの無原罪の御宿りに敬意を表して、地域の観光客に人気のあるほうき祭りが開催されます。その由来は明らかにされていません。一番の見どころは、聖母の旗を持った騎手が率いる大規模の騎兵隊と、燃えるほうきを持った村中の住民の行進です。気候と地形が、土手の景観の重要な要素である好条件の渓谷を形成しています。ガルガンタ・デル・ハランダの場合がそうです。