Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
ゲリ・デ・ラ・サル(カタルーニャ州リェイダ)

ゲリ・デ・ラ・サル

夢のような自然環境

Lleida

ゲリ・デ・ラ・サルは、バイシ・パジャルスの行政首都です。

ノゲラ・パジャレッサ川に隣接し、中世からの歴史があるこの村の名前の由来は岩塩坑にあり、この地に独自の個性を与えています。実際、町の中心部には、有名なカサ・デ・ラ・サルが現在も残っており、この地の経済において塩が非常に重要であったことを物語っています。ゲリから歩いて数分、1835年の脱宗教化まで、ウルジェイの司教区において最も重要な修道院となったサンタ・マリア修道院が立っています。そこには、大規模な土地、工場、城、教会、ゲリ、モレラス、ジャラスの岩塩坑で構成された遺産群がありました。ピレネー山脈の雄大な山並みを背景にした美しい村の環境により、ゲリはハイキングや小旅行に適した場所となっています。