Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
フエンヒロラの海浜散歩道 (マラガ、アンダルシア)

フエンヒロラ

Málaga

コスタ・デル・ソルのフエンヒロラは、アンダルシアの醍醐味がじっくりと味わえる街。長く延びる海岸沿いに、素晴らしいビーチが無数に散らばっています。

古くから観光の伝統があるこのマラガの町には、ゴルフコース、乗馬センター、レジャーパーク、宿泊複合施設、レストランなど、多様なサービスとインフラストラクチャが勢ぞろいしています。もちろん文化イベントのスケジュールも魅力的な催しでいっぱいです。さらに、フエンヒロラは、 古代ローマの浴場や別荘、アラブ様式のソアイル城など、大昔の住民たちが残した証を上手に保存してきました。数多くあるレストランやテラスではどこでも、食材のスター選手である を使った地元料理をエンジョイできるでしょう。

フエンヒロラの細い海岸線は8キロメートルにも及び、コスタ・デル・ソルでも有数のビーチが点在しています。ロス・ボリーチェス、フエンヒロラ、 ラ・カンパーナ、トレブランカ、 ラス・ガビオタス...人で賑わう長い 海浜散歩道 伝いの手入れの行き届いた砂地には、住宅エリア、ホテル、レストラン、その他のサービスが建ち並び、太陽と海をゆったりと楽しむことができます。スポーツ愛好家にとって、フエンヒロラは多様な可能性を秘めた天国です。 ゴルフを楽しみたければ、市内でもその周辺でも、年間を通してこのスポーツがプレーできる雄大な 18ホールのコース が見つかるでしょう。近隣のミハスにある馬場やその他の 乗馬スクール は、乗馬技術を習い始めるにも、極めるにもうってつけの施設です。また、 テニス なら、このエリアにあるクラブのどこででも参加できます。フエンヒロラと切っても切り離せないのが マリンスポーツ です。沿岸には、またとないコンディションで スキューバダイビングができる美しい海底がいくつもあります。スキューバダイビングを習いたければ、町にある既存のどの ダイビングスクール ででも受講が可能です。漁港の隣にある ヨットハーバーには、セーリングのみならず、 ヨット やスキューバダイビングなど、他のマリンスポーツが実践できるモダンな施設が並んでいます。締めくくりは、アウトドアスポーツです。県の内陸部はアウトドアスポーツに完璧な環境が揃っており、 ハイキングに恰好のルートのほか、馬や自転車で行くルートも数多く用意されています。しかし、フエンヒロラには万人向けの レジャー が他にもっと沢山あります。ですから、 動物園を訪れてもよし、 アクアパーク で忘れがたい一日を楽しんでもよし、全長800メートルの航行可能な水路が走る広くてモダンなレクリエーションエリア、 ソアイルのフルビアル公園を散歩してもよし、といった風です。あるいは、どちらかと言えば カサ・デ・クルトゥーラ またはモダンな パラシオ・デ・ラ・パスで開催される文化イベントに行くほうに興味がある方もいらっしゃるかもしれません。

市街地

フエンヒロラ の町中には、地方色豊かでと魅力に満ちたスポットが残っています。町の中心に位置する コンスティトゥシオン広場 (19世紀)には、.ヌエストラ・セニョーラ・デル・ロサリオ教会が立っています。ここから近い、フエンヒロラ川の河口横の丘の上に、アブデラマン三世の命で十世紀に建設された ソアイル城がそびえています。この城の城壁は現在でもその一部が残っています。この広場の隣で、村の原型である古代 フェニキア・カルタゴの遺跡 が発見されました(紀元前6〜3世紀)。フエンヒロラが過去いかに重要な町であったかは、城の丘の中腹にある 古代ローマ都市のスエルをご覧になれば、お分かりいただけるでしょう。他にも、 フィンカ・デル・セクレタリオ と、古代ローマ浴場と西ゴート族のネクロポリスが見つかった トレブランカの発掘現場から、古代ローマの廃墟が見つかっています。フエンヒロラには、漁村がルーツの サンタ・フェ・デ・ロス・ボリチェスや、アンダルシアの一般建築物がたくさん建ち並ぶ通りが美しい プエブロ・ロペスなど、この地ならではのエリアもあります。

グルメ、祭り、周辺地域

コスタ・デル・ソルの他の町と同様、フエンヒロラの ガストロノミー の特徴は、調理法がグリルであれ、塩釜であれ魚が主役であることです。郷土料理の象徴ともいえる、 揚げ物イワシの串焼き(ロースト)もぜひ、お忘れなく。また、 ブドウ入りアホ・ブランコ(アーモンド、油、ニンニク、ブドウを含む冷製スープ)とガスパチョ(トマト、コショウ、パン、油、ニンニクがベース)もまた、この地の典型的な料理です。県全体が、 マラガの原産地呼称のラベルが張られた素晴らしいワインで知られており、中でも甘口ワインの美味しさは天下一品です。フエンヒロラで年間を通して最も待ち望まれているイベントと言えば、町の守護聖人である ヌエストラ・セニョーラ・デル・ロサリオの祝祭でしょう。この祝祭は、見本市会場をメインステージとして、10月6日から12日まで開催されます。七月には、ロス・ボリーチェス地区でビルヘン・デル・カルメンの祭典と、国内観光名所に認定された フェスティバル・デル・カスティージョが開催されます。フエンヒロラから、コスタ・デル・ソルの他の 市町村 を訪問してみましょう。内陸方向へ数キロ進むと、典型的なアンダルシアの家が立ち並ぶ ミハスや、エンカルナシオン教会とモンテジャーノ宮殿が目を惹く アルアウリン・エル・グランデなどの山間の町が姿を現します。海岸地域の、 マルベージャ、トレモリノスベナルマデナは、古くから観光と深く関わり合ってきた街です。これらの町のインフラストラクチャのクオリティの高さには目を瞠ることでしょう。どちらかというと自然を楽しみたい方には、 シエラ・デ・ラス・ニエベス自然公園 をおすすめします。この公園は県内でも有数の自然保護スペースに数えられています。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


イベントカレンダー

展覧会、フェスティバル、スポーツ...


目的地で満喫できる関連イベントをご覧ください。