Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
ポント・デ・スエルト(カタルーニャ州リェイダ)のサント・サルバドール・ディルゴ礼拝堂

エル・ポント・デ・スエルト

Lleida

ポント・デ・スエルトは、アルタ・リバゴルサの首都であり、標高841メートルのノグエラ・リバゴルサーナ川のほとりに位置し、バラベス、ボイ、カスタネサの谷が合流する場所にあります。

ポント・デ・スエルトには、重要な歴史的過去があります。中世前期に形成され、歴史的中心部の壁や建造物は、ピレネーの文脈の中で形成された特徴と特性を反映しています。メルカダル広場では、片側だけある柱廊や、サンタ・マリア・デ・ラバイシの旧修道院の装飾要素を見ることができます。

もう一ヵ所の必見スポットは、18世紀に建てられた市庁舎が主役のマヨール広場です。全体に柱廊がある美しいマヨール通りは、この広場から始まります。通りに面した大きな家々の中でも、カ・デ・ジャウモットとセグレタリのファサードが際立っています。町内の通りや広場の柱廊は、天候の悪い日に商業活動に影響しないように建設されました。川のほとりには、ラバイシ修道院の修道院長たちがかつて住んでいた修道院長の宮殿が建っています。15世紀に建てられたゴシック様式の壮大な普通建築物で、大がかりな改装が行われ、高い塔は、旧教会の鐘楼の役割を果たしています。この塔はロマネスク時代に建てられ、バロック時代に全面的に改造されました。3つの身廊とクロッシングからなるラテン十字の間取りで、現在はリバゴルサの常設展示の宗教画が収蔵されています。