Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ナバーラのエリソンドの景色

エリソンド

Navarra

バスタン渓谷の首都は、大西洋ピレネー山脈の中心部に位置する緑豊かな丘陵地帯に分布する15カ所の町によって構成されています。

バスタン川の両岸にエリソンドの都市部が広がり、邸宅や荘園などの高貴な建物が多く建ち並んでいます。代表的なのは、アリスクネネア宮殿と市庁舎、そして美しいベアルツ地区です。中世末期には国境紛争が多発していたため、塔や要塞は谷の中で最も頻繁に建設されていた建造物です。イルリタでは、ドレーアやハウレヒスリアにあるような、多くの塔を持つ宮殿や中世の塔を見ることができます。エルベテにはハローラとアスコアのバロック様式の宮殿(17世紀)があり、アリスクンにはウルスアの塔がそびえ立っています。バスタン渓谷の散策は、アレチェア(16世紀)やアリアーダ(17世紀)などの豪邸が多く残る町、アマイウール・マヤで続けることができます。アライオーツの町にあるもう2つの中世の塔、スビリアとハウレヒサールもまた、このピレネー渓谷の防御建築の構成要素です。