Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
アルモナステル・ラ・レアルのモスク(アンダルシア州ウエルバ)

アルモナステル・ラ・レアル

Huelva

重要文化財に指定されているアルモナステル・ラ・レアルの町の中心部を構成するのは、イスラム建築の城、ムデハル様式とゴシック様式でできた家々、コルドバのメスキータよりも古い歴史を持つモスクです。

この町は、シエラ・デ・アラセナ・イ・ロス・ピコス・デ・アロチェ自然公園の中央に位置しています。この自然公園はアンダルシア州有数の保護区で、ウエルバ県の北半分を占めています。16世紀に築かれ重要文化財に指定されている城と、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・コンセプシオン教会=モスクのたもとに中心街が広がっています。重要モニュメントのなかで特筆に値するものとしては、ほかにもサンタ・エウラリア・デ・メリダ礼拝堂が挙げられます。15世紀にローマ時代の寺院跡に建設されたもので、使徒サンティアゴの姿を描いた美しいフレスコ画があることから国定史跡に指定されています。また、14~16世紀にゴシック・ムデハル様式で建てられたサン・マルティン教区教会にはマヌエル様式の扉が設けられています。