Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
クエンカ大聖堂のファサード

ヌエストラ・セニョーラ・デ・グラシア大聖堂

Cuenca

クエンカにおけるノルマンディーの影響


大聖堂はゴシック様式で、明らかにフランスの影響を受けています。

外部は、ルネッサンスの期間に導入された改装により、ゴシック様式の性格を失いました。ラテン十字のフロアで、7つの側に多角形の後陣があります。ノルマン様式の原形がトリフォリウムに残っている場所です。スペインでは唯一であり、この装飾によりヴォールトの圧力に対抗できるようになっています。メインファサードには、3つのアクセス門があります。主祭壇はベントゥーラ・ロドリゲスのもので、15世紀の素晴らしい格子も備えています。参事会室の扉は、ベルゲテの作品です。美術館では、聖遺物が展示されています。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・グラシア大聖堂


Plaza Mayor s/n

16001  Cuenca, クエンカ  (カスティージャ-ラ・マンチャ)

Eメール:catedralcuenca@catedralcuenca.es TEL::+34 649693600 Webサイト:https://www.catedralcuenca.es/en
おすすめプラン

次の訪問