Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ラ・リオハのサント・ドミンゴ・デ・ラ・カルサーダ大聖堂

サント・ドミンゴ・デ・ラ・カルサーダ大聖堂

La Rioja

その起源は、建造が始まった1158年に遡ります。14世紀から16世紀にかけて大幅な改修を受け、現状の外観になりました。クロッシング付き身廊3つ、回廊、トリフォリウム、リブヴォールトから構成されています。外部には主にロマネスク様式の後塵、バロックの塔と南の門または聖人の門、半円アーチ、そして壁龕や丸い穴が際立っています。主祭壇は石膏とクルミで作られており、1545年に完成しました。聖歌隊席の石造建築では、16世紀のプラテレスコ様式の飾りが目を引きます。礼拝堂の中で際立っているのが、サント・ドミンゴの装飾(横たわった像)、サンタ・テレサの装飾(シリニュエラ侯爵の殿堂)、マグダレーナの装飾(大聖堂の中でも最も壮麗なものの一つ)、サント・キリストの装飾(ルネッサンス様式のものとバロック様式のもので祭壇画が2つ)、そしてサン・ペドロの装飾(ロマネスク様式の一部を保存)です。回廊は14世紀のものですが、16世紀に改修を受けました。聖具保管室や参事会室には、15世紀や16世紀のスペインやフランドルの三連画のような芸術の宝、そして様々な金銀細工が収蔵されています。

サント・ドミンゴ・デ・ラ・カルサーダ大聖堂


Plaza del Santo, s/n.

26250  Santo Domingo de la Calzada, ラ・リオハ  (ラ・リオハ)

Eメール:entradas@catedralsantodomingo.org TEL::+34 941340033 Webサイト:www.catedralsantodomingo.es/
おすすめプラン

次の訪問