Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
Monumento

リバス・デ・シル聖クリスティナ修道院

Parada de Sil

Ourense

このクリスティナ修道院は、教会と回廊の2つの建造物が、完全にそれぞれロマネスク様式とルネサンス様式に分かれているのが特徴。

ベネディクト修道会に所属した僧院で、少なくとも9世紀には文献に登場します。ロマネスク様式の教会は、12世紀末の建造。上から見るとラテン十字で、5つに区切られた身廊とクロッシングからなり、このクロッシングに向かって半円形の後陣が3つ、並んでいます。中央の後陣は他よりも大きく、外側は、4本柱によって壁面が区切られています。 植物のモチーフが彫刻された三重の飾り迫縁のある正面、小葉状のはざま飾りが施されたバラ窓が見どころ。また、丸い鋸壁が付いた独特の鐘塔があり、ロマネスク様式の教会では一風変わった建築要素となっています。ルネサンス様式の回廊 (16世紀) のうち、八角柱の上に半円形のアーチがかかる2つの歩廊が残っています。

リバス・デ・シル聖クリスティナ修道院


Carretera de Estrada de Parada a Castro Caldelas, a 2 km al norte de Parada de Sil

32740  Parada de Sil, オウレンセ  (ガリシア)

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン