Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ナバラ大学美術館のテラス

ナバラ大学美術館

Navarra

ラファエル・モネオが設計し、タピエス、ピカソ、カンディンスキーやチジーダといったアーチストの作品を含む現代アートのコレクションを擁した建物。写真の重要なセクションも擁しています。

現代アートのコレクションには、20世紀後半のスペインのアーチストや、著名な国外の芸術家の作品が含まれています。その中でも際立つのが、アントニ・タピエス、パブロ・ピカソ、ワシリー・カンディンスキー、エドゥアルド・チジーダ、マーク・ロスコやパブロ・パラスエロです。写真セクションは1万4000点を超える画像と10万枚を超えるネガから構成されており、19世紀から現在までの作品が収蔵されています。ここで作品が収蔵されている写真家は、ロバート・キャパ、アグスティ・センテジェス、ジャン・ローラン、ローラン・フィッシャーまたはペレ・カタラーです。美術館は抽象デザインの建物であり、所有する作品に言及しています。ナバラ大学のキャンパスに統合されており、パンプローナ市の活発な文化センターになることを模索しています。  

ナバラ大学美術館


Campus Universitario

31009  Pamplona-Iruña, ナバーラ  (ナバーラ特権州)

TEL::+34 948425700 Webサイト:http://museo.unav.edu