Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
Monumento

モレーリャの城壁

Castellón-Castelló

14世紀の城壁に囲まれた地区。


14世紀の城壁に囲まれた地区。さまざまな塔と門が設けられています。

現在の城壁は14世紀のものです。最も重要な部分は、アラゴン王ペドロ尊儀王の統治時代、イスラム時代の古い城壁の上に建設されましたが、その数世紀の間にいろいろな改修工事を受けています。城壁が造られたのは、町全体を守るためで、城の防衛だけを目的としていたわけではありません。城壁の達人、アパリシ・ジョアンが1330年に建設に着手。さまざまな塔がそびえています。パブリック塔、ネベラ塔、トリンケット塔、聖ミケル塔、丸いレドンダ塔、フォント塔、ビラ塔、アロス塔、ベネイト塔、聖マテウ塔、ソル塔、別名フレデス塔、フォルカイ塔、カライシェット塔、別名ポルボラ塔、王を意味するレイ塔、エストゥディス塔、サン・フランセスク塔、城の武器広場にあった、今はなきセロキア塔などが、全周囲の防御を固めていました。これらの塔のうち、聖ミケルの塔のみが見学可能で、塔内には古生物博物館が入っています。

モレーリャの城壁


Toda la población en su perímetro

12300  Morella, カステジョン-カステジョ  (バレンシア州)

おすすめプラン

次の訪問